ピクシブ百科事典

シメッポイーナ

しめっぽいぃな

シメッポイーナとは、妖怪ウォッチに登場するキャラクターの一人である(メイン画像左側のキャラ)。
目次[非表示]

概要

CV:永田亮子

No479
種族ブキミー
ランクC
スキルじめじめ(クリティカルを受けない)
好物スイーツ
こうげきおしつぶす
ようじゅつ吸収の術
必殺技かなり湿っぽい話(敵全員のHPをだんだん減らす)
とりつくしめっぽくする(湿っぽくなり、力が大ダウン)
敵から攻撃されるとちからがアップする

シメッポイーナが近くにいると理由も無く湿っぽくなる。ドンヨリーヌは実の妹で姉妹がそろった時は、まるで地球の滅亡に立ち会う気分だ。 (妖怪大辞典より)

ブキミー族の妖怪。ドンヨリーヌ色違い

設定

ドンヨリーヌがなのに対し、青緑っぽい色を基調にしている。また、カチューシャを着けていないのが最大の違い。
ブキミー族では数少ない回復役。
ドンヨリーヌとは、姉妹という血縁関係をもっており、シメッポイーナが。あとはお察しください

アニメ

第205話にて初登場。体育の時間、急にクマが湿っぽい雰囲気に呑まれるなど周囲の人間が陰鬱状態になっていた。妖怪の仕業と睨み妖怪ウォッチで検索し姿を現す。
ジバニャンを呼び出すが、山葵入りで気が立った気持ちで強襲するも息を浴び陰鬱になってしまう。熱い者系妖怪達の手で茸サイズにまで縮めさせたが、そこにドンヨリーヌが助命を請う。二人はゲーム本編と同じく姉妹で、400年前まで夫と仲むつましく過ごしていたが、急死。妖怪化して世界中探し回ったものの、回りは常にカップルだらけであった事も縁因で一旦怒りだせば日の光照らさぬ氷河期にしてしまうと云う。
滅びかけた寸前、彼女の夫が小学校へ来て再会したが、ウィスパーがパットで検索しても見付からなかった。それもそのハズ、彼氏さんは存命で、シメッポイーナを探しに同じく歴史の転換期に巻き込まれながらも世界中を巡っていたのである。しかも年齢は400歳以上。女神の力で施されたどこぞの聖闘士並みの生命力である…

愛の力恐るべし!

関連タグ

妖怪ウォッチ ブキミー族 ドンヨリーヌ
未空イナホ 無茶ぶりっ子 キレーネ 老いらんしわくちゃん)…同じく

pixivに投稿された作品 pixivで「シメッポイーナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 116

コメント