ピクシブ百科事典

無茶ぶりっ子

むちゃぶりっこ

無茶ぶりっ子とは、「妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ」に登場するキャラクター(妖怪)である。
目次[非表示]

「やっちゃえ~♡」

ステータス

No239
種族プリチー
ランクB
スキル無茶ぶり(つながっている妖怪のちからをアップし、まもりをダウン)
好物パスタ
こうげきはりたおす(2回攻撃)
ようじゅつ回復の術
必殺技バラまいちゃってよ!(敵全員にむちゃ振りする。むちゃ振りされた敵はどんどんお金をばらまく)
とりつくむちゃ振りする(とりつかれた妖怪はむちゃ振りされて味方をたまにこうげきする)


キャピっとぶりっ子しながら無茶ぶりばかりする女の子。無茶ぶられた相手が慌てる様子がたまらなくおかしく、支配したような優越感に浸る。(妖怪大辞典より)

概要

CV:笹本優子

カンペちゃんカンペで人を操る、恥ずかしがり屋の女の子)」に「からみぞん(絡むとろくでもない事になるふさふさな妖怪)」を合成させると進化する。

恥ずかしがり屋なカンペちゃんがティアラにピンクのドレスを着ててへぺろするようになった。カンペは使わなくなったが、可愛い子ぶって相手に無茶ぶりさせるぶりっ子な妖怪となる。見た目が明るく可愛くなっただけになんと質が悪い・・・。必殺技では「お金チョーダイ♡」というプラカードを掲げて相手に取り憑く。

ケータのストーリー4章「遺跡に眠るオーパーツ」で無茶ぶりっ子をともだちにした状態でサーカスに向かうと、あれだけ無口だったカンペちゃん時代とは打って変わって喋るようになったのを見てケータが驚く。サーカス団をやめさせて移動遊園地にさせようなどと無茶ぶりを語りながら、自分を進化させたケータに感謝した。

アニメ

第128話にて初登場。登校してきたケータにいきなり無茶ぶりしてきたフミちゃん。下校時まで続いた為に妖怪の仕業と推測し妖怪ウォッチで検索して姿を現す。ケータどんな無茶ぶりを素直に聞くことができる砂夫を召喚し、無茶ぶりっ子に対抗。そんな無茶ぶりっ子は無茶ぶりを3つ用意して勝負を仕掛けきた。

1つ目は「ウィスパーが妖怪執事ナンバー1はセバスチャン様ですと言う」というウィスパーとってはタブーな無茶ぶりを仕掛けた。
しかもタイミングの悪い時にセバスチャンまで来てしまい、ウィスパーは絶対言わないよう我慢するも、砂夫に取り憑かれて無茶ぶりを実行し(させられ)てしまう。ウィスパーはあまりの後悔に顔面を壁に打ち続けるが、さっきまでキャピキャピしていた無茶ぶりっ子の様子がおかしい。

気を取り直し、2つ目の無茶ぶりは「ジバニャンがニャーKBのポスターに落書きする」というもの。これもジバニャンに砂夫が取り憑いて執行させられてしまい、ジバニャンの辛辣な表情を見てドン引き。どうやら無茶ぶりされて困っている姿を見るのが好きなだけで、本当に無茶ぶりをその通りに実行して欲しいわけではないようだ。
無茶ぶりをやりすぎたことを反省し、ケータにメダルを渡して去っていき、一件落着。

そうとはいかず、ケータのみ無傷な事が不公平だとウィスパーとジバニャンが「ケータくんが鼻ほじしつつ腹踊りをしながら、チャック全開で町内を一周します」というやり過ぎな無茶ぶりを用意。しかもハナホ人パッカーはらおドリというこの無茶ぶりを実行するのに最適で厄介な助っ人も付け足され、砂夫が取り憑こうと近づく…。

ここで話は強制終了してしまい、ケータはどうなってしまったのかは誰にもわからない…


続いて登場したのは142話の妖怪カンペちゃん回。
召喚シーンがあるのだが笑顔に溢れておりとても可愛い。
この話でカンペちゃんは無茶ぶりっ子のことを「お姉ちゃん」と呼んだことから…そう、彼らはアニメの中では姉妹なのである。とても可愛い。

初登場では無邪気にはしゃいでいた無茶ぶりっ子だが、この話ではカンペちゃんの頭を優しく撫でたり「無茶ぶり3級合格出来そう?」「あたしは今のカンペちゃんなら合格出来ると思うんだけど」と気遣ったり励ましたり、カンペちゃんが合格した際は自分が合格した様にとても喜んでおり、彼女のお姉ちゃんとしての1面が見れるので彼女のファンになった人は多いだろう。(編集者もこれでファンになった)

ちゃお版

2016年12月号から初登場。

コロコロコミック版


関連イラスト

無茶ぶりっ娘 R-15 扉絵Ver


推し妖怪プレゼンシリーズ


log③



関連タグ

妖怪ウォッチ プリチー族 無茶 ぶりっ子
嗣永桃子:参考にしたであろう実在のアイドル

pixivに投稿された作品 pixivで「無茶ぶりっ子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27161

コメント