ピクシブ百科事典

タブラ・バヤ

たぶらばや

高音担当のタブラと低音担当のバヤの二組からなる北インドを代表する打楽器の一種。
目次[非表示]

概要

高音担当のタブラー(タブラ)と低音のバーヤ(バヤ)の2個一組からなる北インドを代表する太鼓の一種。

ただ単にタブラともいわれる事もある。
右手で演奏する高音担当のタブラは木をくりぬいた胴、左手で演奏する低音担当のバヤの胴は粘土または銅や真鍮といった金属から造られており、壺や器の様な底が閉じた構造となっている。

演奏の際は手のひらや腹、指を使って演奏を行い、太鼓の張力を変えることで音程を上下させることが独特の風情の1つとなっている。

また、何方にも表面にヤギの皮が張られており、調子を合わせる締め紐が付いており、最大の特徴として音色の変化をリズムに与える為に表皮に鉄粉を穀物の粉などと練りこんだ「スヤヒー」と呼ばれる黒いものが塗られており、これにより容易に倍音を発生させることが出来る。

関連イラスト

2014年9月1日単眼の日・タブラ
初音ミク



関連項目

民族楽器

コメント