ピクシブ百科事典

ダッカ事件

だっかじけん

ダッカ事件とは、1977年9月28日に日本赤軍が起こした『ダッカ日航空ハイジャック事件』のことである。
目次[非表示]

概要

1977年9月28日に、日本赤軍バングラデシュダッカ国際航空で起こした、旅客機のハイジャック事件である『ダッカ日航空ハイジャック事件』の略称である。

詳細

フランスのドゴール空港発の東京行き日本航空機472便は、経由地のムンバイ空港を離陸直後に、拳銃手榴弾などで武装した日本赤軍テロリストグループ5名によりハイジャックされ、同機はコルカタ方面に一旦向かった後、進路を変更してバングラデシュのダッカ国際空港に強行着陸させられた。

犯人達は人質の身代金として600万ドル(当時のレートで約16億2000万円)と、日本刑務所で服役中だった赤軍メンバーと、仲間に加えようと目をつけていた囚人の総勢9名の釈放を要求してきた。

当時の日本の首相だった福田赳夫総理(福田康夫総理の父)は、「人命は地球より重い」と述べ、政治犯(主に極左系の活動家)を超法規的措置で釈放し、人質を解放させた。

このために当時の日本は、一部の国から「日本はテロリストまで輸出するのか」と非難されたが、欧米諸国でもテロリストの要求を呑んで政治犯を釈放するのは別に珍しいことではなく、日本から諸外国への電化製品や自動車などの輸出が急増してたことを背景にした皮肉というのが真相なようである。
(現に似たような事件であるクアラルンプール事件で獄中の政治犯を釈放した時はそんな非難をされていない)

余談

ともかくも二度も獄中の大物を釈放してしまった日本は、対テロ部隊の必要性を痛感した。
この事件の一月後に西ドイツの左翼過激派テロリストがルフトハンザ航空をハイジャックし、同じように獄中の政治犯の釈放を要求したガディシオ事件でテロリストを制圧したのを受け、その特殊部隊のGSG-9を参考にすることにした。
そうしてできあがった特殊部隊が、後のSATである。

関連タグ

テロ テロリスト テロリズム
犯罪 日本赤軍 極左暴力集団

コメント