ピクシブ百科事典

ダン・原川

だんはらかわ

ダン・原川とは、川上稔著「終わりのクロニクル」の登場人物の一人である。3巻以前にも登場していたが、4巻上から物語に関わる事になる。メイン画像左の人物。
目次[非表示]

基本情報

名前ダン・原川(本名ダン・ノースウィンド)
出身GLow-G
FATHE独り暮らし


人物像

サンダーフェロウ操縦者として対機竜戦力を担当する色の濃い肌をした少年。尊秋多学院生徒会副会長補佐も兼任する2年生。
本名はダン・ノースウィンド。しかし自分達を残して死亡した父親「アルベルト・ノースウィンド」を嫌っているため普段は母親「原川・唯」の姓である「原川」を名乗っている。
佐山・御言新庄・運切の同級生かつ、自動車部においての飛場・竜司の先輩で、単車を有する。
生活費と母親の入院費用を稼ぐため普段は横田基地で荷物運びのアルバイトをしており、あまり熱心に授業に参加していないため担任のリール・大樹がしょっちゅう家庭訪問している。
劇中で何度か登場しているが、偶然ヒオ・サンダーソンを拾うまでは全竜交渉部隊のことは知らない一般人だった。
しかし亡くなった父親が概念戦争にかかわっているのを知り、全竜交渉部隊へと参加、過去の謎を追っていく。
全竜交渉部隊において貴重な一般良識を持った人物だが、佐山菌に倫理感染したヒオの自爆(もとい誤爆)により周囲にあらぬ誤解を植え付けることが多い。
またヒオをかくまうためついた嘘により、一部の者には等身大のフィギュアマニアだと思われている(ちなみに全竜交渉部隊の者達は違うことを知っている)。
相手に呼びかけるとき、わざわざフルネームを呼ぶ癖がある。
四巻における5th-Gとの全竜交渉において覚醒したサンダーフェロウに搭乗。ノースウインドの槍を用いて黒陽との決着をつけた。
その後もアレックス等との激闘を繰り広げ、全竜交渉部隊において最大戦力を担う。
父親の影響で本が好き。将来は本屋になるのが夢らしい。
なんだかんだでヒオのことを見捨てることができず、不良っぽい外見をしているが実はいい人。

関連タグ

終わりのクロニクル AHEADシリーズ 川上稔
ダン・ノースウィンド
サンダーフェロウ
ヒオ・サンダーソン
全竜交渉部隊

pixivに投稿された作品 pixivで「ダン・原川」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4281

コメント