ピクシブ百科事典

テイルズオブデスティニー 神の眼をめぐる野望

ているずおぶですてぃにーかみのめをめぐるやぼう

月刊ファミ通ブロスに掲載された漫画作品で、テイルズオブシリーズ初のコミカライズ作品。
目次[非表示]

概要

啄木鳥しんき漫画作品で、PS版「テイルズオブデスティニー」を原作にしたコミカライズ
啄木鳥氏のデビュー作にして、テイルズオブシリーズ初の漫画化である。同じTOD漫画のくおん版、カスカベ版と区別して啄木鳥版とも呼ばれる。

原作のストーリーを大胆に改変しており、開始早々からほぼ原形を留めていないオリジナル展開だが破綻はなく、テイルズのメディアミックス作品の中でも特に評価の高い作品の一つ。(オリジナル展開は「原作を知らなくても楽しめるように」という作者の配慮によるものである)
監修のナムコには全面的なチェックを受けており、作者自身が原作ファンなため随所に原作愛が散りばめられている。
いくつかの設定とストーリーはリメイク版に逆輸入された。

また、リオン・マグナスが最後まで生存する数少ない作品としても知られている。(同時期のラノベ「ルーティのルール」でも生き残っている)
リオン生存は作者の強いこだわりによるものだったそうだが、この結末を巡ってナムコと揉めたとか揉めなかったとか…。
結末が違うためテイルズオブデスティニー2に繋がらないという意見もあったが、後に作者によってこの作品準拠のTOD2を描いた作品が作者のアンソロジー2巻に収録されている。

ゲームとの主な相違点

  1. 場所を訪れる順番が違ったり、登場しない敵キャラクターがいたり、ラスボスそのものが違う
  2. キャラクターの性格が全体的に丸くなっている(オリDとリメDの中間?)
  3. スタンディムロスが出会ったのは古代遺跡
  4. ルーティマリーと旅をしていない
  5. リオンの心理描写の多さと結末、ルーティとリオン(ヒューゴ)の関係が掘り下げられている
  6. イクティノスのコアクリスタルが損傷していないため、最初から喋れる
  7. ミクトランがリストラされ、空気王を遥かに上回る空気に
  8. グレバムに娘がおり、ある人物によって娘を人質にソーディアン開発をさせられたが失敗して娘を殺害されたため、その人物の築き上げた物全てを潰して復讐しようとしていた
  9. 金髪とされていたマリアンが黒髪に描かれており、マリアン自身もリオンを弟のように心配している(これらの要素は公式に逆輸入された)
  10. レンブラントの口調が普通でマッドサイエンティストでもなく、ヒューゴへの忠誠心のためにスタンと敵対する(後に公式に逆輸入された)
  11. 黒幕が男性ベルセリオスで、カーレルを密かに暗殺して世界征服を目論んでいた(これは当時の攻略本にハロルドがカーレルの弟で野望のために人格をソーディアンに投影し、ミクトランの精神と結託したと記述されていたことによる)
  12. ヒューゴがミクトランに操られておらず、単にベルセリオスに共鳴した共謀者とされている


関連タグ

テイルズオブシリーズ テイルズオブデスティニー TOD コミカライズ 漫画
エンタ-ブレイン ファミ通 月刊ファミ通Bros.
啄木鳥しんき

リメD/儚き刻のリオン

コメント