ピクシブ百科事典

トゥル・バー・コールウェイ・リムレック

とうるばあこおるうぇいりむれっく

クリシュナ王国の将軍

CV緒方賢一
クリシュナ王国の双璧と謳われる二大将軍の一人。54歳。
ドラウプニル(黄金指輪)重騎士団を指揮する。背が低く、小太り。高位魔動戦士でも5束が限界とされる石英靭帯を6束制御できる魔力量を持つ。慎重なバルド将軍とは対照的に猪突猛進な熱血漢で、無謀な行動を取っては度々部下達に(主にナルヴィ)窘められていた。 子宝には恵まれず実子はいない。私財のほとんどを妻が運営する孤児院の設立や運営に使っており、自身も休日には孤児院の子供たちと一緒に遊ぶなど慕われており、国民からの人気も高い。旗下の騎士団員にも同孤児院の出身者が多く、団の士気は高い。大隊を率いてバルドとは別ルートで西部国境線へと向かう途中、討伐軍から先行していたイオ率いる部隊による奇襲を受けて隊はほぼ壊滅。トゥルもニケのギラトスに撃破されて戦死(圧死)した。その亡骸はどういうわけか敵が持ち去っている。

名前の由来は、北欧神話の雷神・トール

pixivに投稿された作品 pixivで「トゥル・バー・コールウェイ・リムレック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 84

コメント