ピクシブ百科事典

ニモ&フレンズ・シーライダー

にもあんどふれんずしーらいだー

ニモ&フレンズ・シーライダーとは、東京ディズニーシーのアトラクションである。 2017年5月12日グランドオープン
目次[非表示]

概要

東京ディズニーランドスター・ツアーズと同じく、フライトシミュレーターを応用したアトラクション。
公開されているイメージ図からもわかる通り、元々ここにあったアトラクションの施設をそのまま流用している。そのためクローズからわずか1年でのオープンにこぎつけた。
2017年4月末よりスニークプレビュー(テスト運営)開始、5月12日正式オープン予定。
前評判は旧アトラクション記事からわかる通り史上最低だったが、スニーク参加者からの評価は高い模様。
ぶっちゃけ、楽しかったです。はい。
尚、水濡れ注意とだけは言っておく。

ストーリー

ポートディスカバリーの一角に建つ、青色のドームの建物。
ここは訪れるゲストに海とそこに住む生き物たちを大切にすることを目的に活動している、海洋生物研究所。

(以下、公式サイトより引用)
ゲストはここで、海洋生物研究所の科学者たちがチヂミニウムと呼ばれる特殊なマテリアルを開発したことを知ります。
チヂミニウムは電気を通すと収縮するという特性があり、このチヂミニウムを使って作られたのが、魚の形をした潜水艇シーライダーです。
シーライダーは中に人間を乗せた状態で、安全に魚サイズに縮むことができます。また、人工フィッシュ知能を搭載したことにより、シーライダーは本物の魚のような動きをすることができるだけでなく、操縦士が乗っていない状態でも自動運転で本物の魚たちと一緒に行動することができます。
海中に潜り、魚サイズに縮んだシーライダーは、ニモやドリーをはじめとするさまざまな海洋生物たちに出会い、彼らと交流し、乗り込んだゲストを楽しくてワクワクして、ちょっぴりスリリングな海の冒険へと導きます。

http://www.tokyodisneyresort.jp/special/searider/attraction/

登場キャラクター(ネタバレ注意)

スター・ツアーズと同様にストーリーがランダムになっていてランダムにキャラクターが登場する。またキャラクターの声は映画ファインディング・ニモファインディング・ドリーの声優が担当している。

必ず会えるキャラクター

・ニモ
・ドリー
・マーリン
・ミッション・コントロール(アトラクションオリジナルキャラクターの人間 ※声のみ)

サプライズで会えるキャラクター

・ハンク
・ディスティニー
・ベイリー
・エイ先生
・ドリーのママとパパ(ジェニーとチャーリー)
・クラッシュ
・スクワート
・ラッコ
・ブロート
・ピーチ
・ジャック
・ダーラ
・ダイオウイカ
・ベッキー
・フルークとラダー
・ジェラルド

前アトラクションの影響をうけて

当アトラクションの前のアトラクションストームライダーのSNS等の批判の反響等を受けたためいろいろなストームライダー要素というものを取り入れられている。
例えば

・シーライダーの機体内のドアの部分にチヂミニウムディフューザーとかかれている。(前作の装置ストームディフューザーからきている)。同様にシーライダーを元に戻す装置も同名である。(装置自体はプレショー内でアトラクションがシステム調整になった時しか見れない。)

・シーライダーの搭乗中のアナウンスのミッション・コントロールの声優は前作の主人公キャプテン・デイビスの磯部弘さんが担当している。
またキャストの噂なのかもしれないがキャプテン・デイビスと同一人物であるという。

関連タグ

東京ディズニーシー
ストームライダー

コメント