ピクシブ百科事典

ビッグアイ(ミラーマン怪獣)

びっぐあい

ビッグアイとは、『ミラーマン』に登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:2.5~50m
  • 体重:200kg~1万t
  • 別名:植物怪獣
  • 出身地:御手洗邸

概要

第19話「危機一髪!SGM」に登場。
インベーダー観葉植物を改造して作り上げた一つ目の巨大怪獣。
その目的は鏡京太郎がミラーマンに変身するのを妨害し、SGM本部に宇宙ミサイル「オズマー」を命中させることで、御手洗家に置かれていた二つの鉢植えが合体する事で誕生した。

目玉から黄色い光線を発射し、両腕からは黄色や緑の花粉を噴射する。

京太郎を部屋中の鏡に花粉を付着させた部屋で押さえていたものの、倒れた花瓶から零れ落ちた水でミラーマンに変身されてしまう。
その後は自ら巨大化してミラーマンと戦い光線と花粉で苦しめたが、ミラーナイフを受け体から緑色の液体を流しながら消滅した。

宇宙ミサイルオズマー

インベーダーの宇宙船から発射された巨大ミサイル。
地球時間で19時28分58秒後に、ポイント0にあるSGM基地に着弾するよう発射されてた。

迎撃ミサイルをものともせずに地球に侵入したが、ビッグアイを倒したミラーマンのディフェンスミラーで受け止められた上に投げ飛ばされ、シルバークロスで爆破された。

関連タグ

ミラーマン怪獣

コメント