ピクシブ百科事典

ファイユーブ

ふぁいゆーぶ

「ファイユーブ」とは、『電脳戦機バーチャロン』シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

初代バーチャロンの頃より設定上でのみ登場してきた古参キャラクターで、物語に深くかかわるキーキャラクターでもある。(CV:樋口智恵子)

設定

0プラント所属の天才科学者プラジナー博士が密かに開発した三柱のオリジナルバーチャロイドの1体で、機動兵器としてのフェイ・イェンのベースとなった機体。
バーチャロイドでありながら自我を有し、電脳虚数空間(CIS)と実空間の自由な往来と生身の人間への変身が可能という、前代未聞の存在である。
人格は自14歳の少女そのものであり、由奔放、天真爛漫、天衣無縫な性格で歌と踊りをこよなく愛し、退屈と束縛を何よりも嫌う。

形式番号「VR-014」。本名は「ファイユーブ」。
SRV-14「(レプリカ)フェイ・イェン」と区別するために「オリジナル・フェイ・イェン」と呼ばれる。


バーチャロイド開発・運営の負の副産物ともいえる「シャドウ現象」に対する切り札として開発されただけに、他のオリジナルVRたちの中でも飛びぬけて高度なCIS巡回能力と、通常のVRのそれをはるかに凌駕する高出力・高効率のVコンバータを有する。特に前述の人間形態への変身では「目視・接触はおろか内科・外科含めあらゆる医学的見地において生身の人間との区別が不可能」とされているほどである。
Vコンバータを応用して何もない空間に音楽を鳴らすという芸当も可能で、時と場を弁えずに歌い踊る癖がある。(CDドラマで顕著)。

その他、「エモーショナルアタック」という特異な対敵装備を搭載しているのが大きな特徴。胸部から発する謎のハート形状ビームで、直撃したVRのパイロットに強烈な多幸感をもたらして戦意を極限まで減退させると共にVRのシステムをも起動不能に追い込むという、極めて強力な力を持つ。(作戦従事者曰く『VRもパイロットも・・・メロメロになっちまう!』
これは彼女の元々の役目であるシャドウ現象の監視・対処のために実装されたもので、通常武装の類を一切持たないにもかかわらず、これにより自身の捕獲を目論むDN社の展開する度重なる捕獲作戦から逃げ切っている。

実姉に当るプラジナー博士の実娘リリン・プラジナーとはあまり仲が良くないらしく、公式小説で「あなたちょっとうざったい」と心の中で独白している。
また、彼女の頼みから開発に関与した第三世代フェイ・イェンの商品化の一件では、あまりにも萌えに走ったその見てくれを見て「こんなのあたしじゃない!」と機嫌を損ね、無断で量産化されたことへの報復として公式サイトをハッキングして機体解説文を改竄するという嫌がらせを行っている。
が、肝心のその中身がノリノリのイメージポエムだったり、機体愛称や武装のコーディネイトをしたり、人間形態時にパニックハートのデザインによく似た服装をしていたり、実機プロモーションの際にドサクサに紛れてパニックハートに変身して編隊に混ざるなど満更でもない様子。

ドラマCDによると人間形態時のプロフィールは「身長157㎝、体重39㎏、蛇使い座のAB型」で、1作目の主人公の1人ノブの見立てによるとスリーサイズは「上から76、57、79」らしい。本人は「貧乳」であることをいたく気にしており、面と向かって胸が小さい呼ばわりされた際には激怒してぶん殴っている。
公式上はどうなのかは明らかではないが、その類稀なるリバースコンバート能力の高さにも拘らず、どうやら胸囲だけはいじれないらしい……。

経歴

DN社の0プラントがバーチャロイドの実用化に頭を悩ませていた頃、0プラント所属のプラジナー博士の手により、姉と妹に当る「エンジェラン」「ガラヤカ」と共にこの世に生み出されるが、誕生後まもなく、博士たち共々失踪。
退屈を何よりも嫌う奔放な性格ゆえ、退屈しのぎのために電脳世界や平行世界や異次元などの様々な世界に出没しあちこちで目撃例が上がるようになったため、最高機密に等しい彼女の存在を内密にすべく動き出したDN社から追われる身となった。

度重なる捕獲作戦が展開されるもエモーショナルアタックを駆使して悉く逃げ切り、最終的にDN社が捕獲を諦めたことにより束縛から完全に逃れる。以後、その身に与えられた「シャドウ現象の監視・対処」という任務に忠実に動きつつ退屈嫌いゆえに仕事に飽きては様々な世界へ出かけてしまい、行く先々でトラブルを巻き起こしている。

やがて、実の姉に当る生みの親プラジナー博士の実娘、リリン・プラジナーと協力関係を結び、時に反発しつつ電脳世界を襲う未曽有の危機の解決のために動くようになる。

登場作品

「OMG」の前日談に当るCDドラマ「CyberNet Rapsodey」及び「COUNTER POINT 009A」を始めとする各種ゲーム外の公式媒体で登場するほか、『スーパーロボット大戦』にも出演している(ただし、ファイユーブ本人だと明言されているのは『K』と『UX』のみ)
また、PS2版『OMG』では条件を満たすことで通常時と異なる仕様のフェイ・イェンが使えるようになるが、一部の武装の相違点や負けモーションなどを根拠にファイユーブ本人とファンの間で言われているものの、機体名「UNOFFICIAL」の通りあくまでゲーム用の非公式の存在である。

また、人間形態時の姿はCDドラマ第1作のブックレットの挿絵(カトキハジメ氏によるもの)や公式読み切り漫画「SCRAMBLING CONCERTO EPISODE #8」で描かれているが、いずれもデザインは異なるもので、公式スタッフ側での正式なデザインは描かれていない。そのため、二次創作における擬人化イラストでは人によってさまざまなデザインで描かれている。

その他

公式設定上は「人間形態は担当声優の樋口智恵子にそっくり」ということになっている。

関連イラスト

ファイユーブちゃん
ファイユー


フェイイェンOMG
身長157cm 体重39kg へびつかい座のAB型な14歳。



関連タグ

電脳戦機バーチャロンシリーズ バーチャロン フェイ・イェン
スーパーロボット大戦 第3次スーパーロボット大戦α終焉の銀河へ 
スーパーロボット大戦K

関連記事

親記事

フェイイェン ふぇいいぇん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ファイユーブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3317

コメント