ピクシブ百科事典

ブリギット・マクラウド

ぶりぎっとまくらうど

ブリギット・マクラウドとは、高遠るいの漫画『CYNTHIA THE MISSION』の登場人物。

概要

主人公シンシア・ロウの姉シベール・ロウの部下兼愛人で、国際指名手配されている爆弾テロリスト。可憐な少女の外見をしているが、殺人を好む残虐な性格の持ち主。シベールに心酔している。香港マフィア伍龍会から依頼を受け、組織から抜けたシンシアを連れ戻すべく、シベールと、同僚のイリヤ・アルトゥーロヴィチ・グレンチコ、Mr.ファントムと共に来日する。
左腕を失っており、戦闘用の義肢を用いている。重火器や爆弾類の扱いに長ける他、格闘技術や義肢の性能も相まって高い実力を誇る。テロリストらしい無差別攻撃を得意とする。
ある側面から見れば、本作の特徴を最も体現した存在。

*以下ネタバレ注意






最初にシンシアの元に送り込まれたグレンチコが敗れて拘束されたため、彼を殺害。しかし、その直後に弑・四方犠に遭遇してしまい、足の仕込みナイフによる攻撃を受ける。その後、拳銃と義肢で反撃するも、生身の右手首を切られた上に左腕の義肢も引きちぎられ、最期は拷問同然の攻撃を受け続けたあげくに殺された。
しかし、その死体にファントムによって蘇生措置を施され、自由意志のないゾンビとして一時的に復活。ファントムと共にシンシアの友人久我阿頼耶を撃破する。その後、シベールがシンシアを説得するために誘拐した際に全身に爆弾を仕込まれた状態で差し向けられる。しかし、最後はシンシアの一撃で高層ビルの外に放り出された。その時一瞬だけ正気に戻り、かつて自分を「全てから永遠に解放する」といったシべールの言葉を思い出しながらしながら、「…………うそつき」と呟いた直後に爆死した。シベールはその死を見て「たーまやー」と笑っており、結局彼女はシベールにとって道具に過ぎなかった。
テロリストとなったきっかけは殺された両親の仇を討つため。シベールと出会ったのは暗殺任務の最中で、これにグレンチコも合わせてそれぞれ違う理由で同じ標的を狙っていたため戦闘となる。その時彼女は成り行きでグレンチコと共闘するが、グレンチコは一瞬で頸動脈を切られ、彼女も左腕を切断され敗北。結局二人ともシベールの圧倒的な力と器に平伏す形で部下となった。

残忍な人物ではあるが、作中ではむしろ悲惨な側面の強いキャラクター。その後はグレンチコと共におまけページに登場したほか、シンシアとシベールの最終決戦にも回想の中で登場し、かつて戦った敵の一人としてシンシアの背を押している。

pixivに投稿された作品 pixivで「ブリギット・マクラウド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58545

コメント