ピクシブ百科事典

プレウロサウルス

ぷれうろさうるす

爬虫綱ムカシトカゲ目プレウロサウルス科に属し、ドイツの海岸に生息していた大昔の爬虫類の一種である。

概要

学名の意味は「側面のトカゲ」。
全長60cm。
食べ物は主に等。
生息年代はジュラ紀後期。
プレウロサウルスは水中生活に適応したムカシトカゲの仲間である。体は異様に細長く、手足は退化して短くなっているため、口先は鋭く細長くなっている。水中を進む推進力を生みだす平たく長い尾があった。これを使ってヘビのように体をくねらせて泳いでいたと考えられている。

関連タグ

爬虫類 喙頭類 ムカシトカゲ

関連記事

親記事

喙頭類 かいとうるい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「プレウロサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30

コメント