ピクシブ百科事典

ベタ踏み坂

べたぶみざかもしくはべたふみさか

登りきるのにアクセルペダルをずっと深く踏みっぱなしにする必要があるほどの急勾配。 主に鳥取県・島根県に架かる「江島大橋」の通称とされ、CMに登場しこの呼称が使われたことで有名になった。
目次[非表示]

概要

「(アクセル)ベタ踏み坂」という意味であり、登るためにはアクセルペダルを常に深く押し続け、思いっ切りエンジンを回し続ける必要があるとされる。
汎用的呼称ではあるが、始めに使われた江島大橋の登坂部の愛称として専ら使われている。

江島大橋について

鳥取県境港市島根県松江市の江島を結ぶ。この橋は中海日本海を繋ぐ水道上に存在し、船舶の通り道となることから、船舶の通行に支障の無い高さまで橋を嵩上げする必要があった。
このため、鳥取県側で5.1%、島根県側は6.1%という急勾配で一気に上昇し水道を跨いでいる。

その江島大橋の江島側(島根県側)から境港方面の急勾配を主に指して、ベタ踏み坂と呼称した。

この坂が有名になり、またベタ踏み坂と呼ばれるようになったのは、「ダイハツタントカスタム」のCMから。島根県側の坂を麓交差点から俯瞰した構図で、いかにも垂直の崖がごとく急勾配の迫力で撮り、こんな坂を非力と言われる軽自動車が登っていく、というCMにより、馬鹿に出来ない走行性能を持つ、という宣伝を行った。
実際のCMスタッフも、この坂の迫力に驚き、いかにこの坂をすごく見せるか気を使って撮影したと言う。

関連項目

江島大橋

関連記事

親記事

江島大橋 えしまおおはし

pixivに投稿された作品 pixivで「ベタ踏み坂」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 213

コメント