ピクシブ百科事典

ボッシュ(ガンダムF90)

ぼっしゅ

機動戦士ガンダムF90における登場人物。イラストは彼の乗機を代用。

ネオ・ジオン第二の反乱の時、俺は見た…
νガンダムから放たれた光を!!
そして思った…いつかこのガンダムの力を
手にしてやろうと………!

これがガンダム、悪魔の力よ!!!

概要

CV:中田譲治(Gジェネシリーズ)

地球連邦軍第13実験戦団の実験部隊隊長を務める連邦軍大尉。
第二次ネオ・ジオン抗争ではジェガン(ジムⅢと言っているシーンも)に搭乗し、アムロ等と共に奮戦。
アクシズ落としにおいては彼もまたνガンダムと共に押し返す活躍を見せている。
この事は一つの自慢となっており、部下のシド・アンバーにも何度か聴かせているレベルのことだった。(シドはシドで『お!大尉、自慢のあれですかい?』と何度だってノリよく聴いてくれる)

一見すると人柄の良い人物である(MS談義もノリよく聴いたり語ったりしてくれる)が、内面はかなり屈折していると言わざるを得ない。
彼はνガンダムと第二次ネオ・ジオンとの戦い参加した際、コクピット越しにνガンダムから放たれたサイコフレームの光を目撃する。
このアクシズ・ショックを目の当たりにしたボッシュは、理屈を無視した強大な力を生み出すガンダムという大きな存在に一種の信仰心を抱くようになってしまう。
その思いをこじらせ続けた彼は、いつの頃かジオン残党軍であるオールズモビルこと火星独立ジオン軍と内通し、ガンダム奪取の計画を企てる。
作戦は成功し、自身が悪魔とまで称した大いなるの力を名実共に手に入れ、最終的には半ば私物化している。
火星の施設内部にて、デフが駆る一番機と交戦した時に【ガンダムに搭載されている疑似人格コンピュータのパワーによるもの=ガンダムの持つ圧倒的なパワー】と語っており、彼の望むものはまさにこれ以上ない形で手に入ったと言えるだろう。

アムロの言うところの人の心の光を目撃した彼が、ガンダムの宿敵であるジオンに手を貸し、挙句に悪魔となるとは、なんたる皮肉である(もっともガンダムはジオンから白い悪魔とあだ名され恐れられていたから正しい見方とも言えるが)。
しかしガンダムの力を信奉し過ぎたため、自身の部下であったデフ・スタリオンの成長には気づけなかったようで、機体の性能を越えた彼の実力に不意を衝かれて敗北する。
ともすれば小物な悪役、大人になれなかった子供といった評価を受けやすいが、一方で強大な力に憧れて手段を問わなくなるという、ある意味人間らしい感情を持っていることから、カルト的な人気を誇っている。

関連項目

機動戦士ガンダムF90 ガンダムF90(火星独立ジオン軍仕様)
オールズモビル
カール・シュビッツ機動戦士ガンダムシルエットフォーミュラ91に登場する第二次ネオジオン抗争参加の古参兵。こちらはジオン側で有ったり過去をあまり話したがらない等ボッシュとは対称的な面が多い。
愛染マコト(チェレーザ):ある者に憧れ、その力を手にする為に道を踏み外したもの繋がり。

関連記事

親記事

機動戦士ガンダムF90 きどうせんしがんだむ

兄弟記事

コメント