ピクシブ百科事典

マグネミン

まぐねみん

カミワザワンダに出てくるプロミンの一種
目次[非表示]

概要

CV:岩瀬周平
マグネミンとは、カミワザ・ワンダに登場するプロミンである。
磁石をモチーフとしており、頭がU字磁石、腕が丸形磁石となっている。
磁石のようにモノを引き寄せたりすることができる。
属性はワクワク
カミワザプロカに書かれている言葉は【ヒッツキ!クッツキ!】

活躍

17話でワザワイプログラムをかけられたバグマグネミンが登場。
ワンダを対象にし、空き缶やスプーンなど小さなモノをくっつけたり滑り台から弾き飛ばしたりした。
その後発見されたあと砂鉄の砂場に逃走し、砂鉄をまとって巨大化したような姿になった。
カミワザショットを引き離して奪おうとするものの、能力を利用されマグネロボ・ワーンダとなったワンダに妨害される。
野外での戦闘により一度は崩れるがスナに含まれている大量の砂鉄を取り込み、大きな塊となり、それによりワンダとバグバイツを巻き込みユートたちも巻き込もうとしたもの、召喚されたチャッカミンの炎により磁力を奪われてしまった。(チャッカミンの炎により熱減磁が発生したためである)
そのあと捕獲されデバッグされた。
19話で召喚される。
避雷針をつくることでバグプラグミンの電気を無効化した。

関連項目

カミワザ・ワンダ プロミン 磁石

コメント