ピクシブ百科事典

ミミ(ぴちぴちピッチ)

みみ

漫画『ぴちぴちピッチ』及びアニメ『マーメイドメロディーぴちぴちピッチ』に登場するキャラクター。正式名称は「シスター・ミミ」。pixivでは、「ミミ」のみでの登録、名前を登録せず「ブラックビューティーシスターズ」のみでの登録が多い。
目次[非表示]

マーメイドメロディーぴちぴちピッチに登場する敵キャラクター。
無印27話~49話、ピュア2話~33話、39話登場
CV:下屋則子


概要

ガクト(ガイト)によって生み出された水妖、「ブラック・ビューティー・シスターズ」の妹。
無印はガイトに使える水妖、ピュアはミケルの御使い。
本来の姿はオニアンコウ。口癖は「ホントだよねー」。

原作での出番は少ないが、アニメ版ではメインエピソードもあるレギュラーキャラクターである。

初登場時はるちあ達の歌が通用しない、マーメイドを苦しめる力を持つ歌での攻撃など、視聴者を驚かせた。(敵が歌で攻撃したのは彼女達が初めてのケース)。しかし、るちあ達が「KIZUNA」を歌うようになってからはパターン化し、敗北が続く。
48話にてガイトに叩かれたことに逆上し、ガイトを裏切る。ノエルとココの真珠を持ち出し、マーメイドプリンセスと交戦するも、敗北。ガイトによって本来の姿に戻されてしまう。

ピュアではミケルの力により復活。性格は無印時代と比べるとかなりコミカルになった。27話ではシェシェと喧嘩し陸の世界にとび出す。途方に暮れていたところを人間の姿のるちあに救われ親しくなる。なおこの時点で互いの正体には気づいておらず、ミミは咲いていたマリーゴールドから咄嗟に「マリー」という偽名を名乗っている。
このことが原因で、33話ではるちあ達の正体に気がつき戦意喪失してしまうもミケルに取り込まれる捨て駒だったことを知り、シェシェとともにミケルに歌で戦いを挑む。
最終的には力及ばず、シェシェと共に微笑み合いながらミケルに取り込まれていった。

最終話の39話では謎の復活を果たす。

姉妹共通の持ち歌は「黒の協奏曲~concerto~」「闇のBAROQUE-バロック-」
ちなみに歌はとても上手く、ファンの中でも高い評価を得ている。


姉・シェシェとの関係

常に行動を共にしている仲の良い姉妹。と、言いたいところだが、シェシェに触られただけで頬を染めたり、「黒の協奏曲~concerto~」のバンク中にキスをするフリをするなど、朝8時に放送していたとは思えない百合さを披露している。しかし、ピュア中盤以降は以前のような百合表現がかなり減った。

ピュア27話では、度重なる敗北のストレスからシェシェと口論になり海を飛び出してしまうが、仲直りしたいという気持ちはあった。
単身でマーメイドプリンセスを撃破しようと変装して地上に赴くも当のるちあ達が見つからず、落ち込んでいたところに人間姿のるちあ達と遭遇。上述の通りるちあ達から励ましやアドバイスを貰った後、精一杯の力でマーメイドプリンセスと交戦した。最終的にはミミの気持ちがシェシェに伝わり和解し、絆はより深いものとなった(ピュア33話にてその様子がよく覗える)。

関連イラスト

BBS
ぴちぴちピッチ - 魔法少女主題 Only event!
懲りずにアンコウ姉妹
BBSらくがき詰め



別名・表記ゆれ

シスター・ミミ シスターミミ ミミ

関連タグ

マーメイドメロディーぴちぴちピッチ ぴちぴちピッチ シェシェ ブラックビューティーシスターズ

pixivに投稿された作品 pixivで「ミミ(ぴちぴちピッチ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74006

コメント