ピクシブ百科事典

ミルディン・ウォルホーン

みるでぃんうぉるほーん

ミルディン・ウォルホーンとは、「タクティクスオウガ」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

人物像

ミルディン・ウォルホーンとはゲーム『タクティクスオウガ』に登場するキャラクターであり、
物語の最初に主人公たちと出遭うゼノビア一行の一人である。

元は聖騎士ランスロット率いるゼノビア王国聖騎士団の一員であったが団長(ランスロット)の不祥事により王国を追放され、傭兵の仕事を求めてヴァレリア島に流れ着いた。

騎士団での序列はパラディン(聖騎士)であるランスロットに次ぐホワイトナイト(白騎士)で、続編『タクティクスオウガ運命の輪』では1000人規模の部隊を率いる千人長と同格の立場。

一行の一人で同じくホワイトナイトのギルダスとは対照的な性格で、ハンサムで寡黙、女性に言い寄られても微笑み返すだけというクールガイ。一方のギルダスは(カノープス曰く)ヒゲもじゃマッチョで酒と女が何より好きなタフガイ。

しかし只の真面目キャラではなく、劇中で「お前のような優男は女でも口説いてればいいんだよ」と敵の暗黒騎士に罵られた際は手痛い反撃を食らわせたことも。

とはいえ陰険・根暗というわけでもない。Nルートでは自軍を裏切り脱走した(しかも自軍のトップに賞金をかけられた)親友の安否を心配する主人公を気遣う台詞も見られる。

白騎士

旧作ではギルダスと同じホワイトナイトというクラスだが、性格を反映したかのように若干性能が異なる。どちらも攻防に優れ素早い前衛アタッカーなのだが、ミルディンのほうがスピードタイプ、ギルダスのほうがパワータイプに能力が寄っている。旧作ではAGI(スピード)はドーピングできないのでこの点が強み。

リメイク版では共通化された。単に前衛アタッカーだけでなく回復、状態異常回復といった魔法に加えて、敵を確実に麻痺させる「パラライズブレード」、味方のWTを早める「ベロシティチェンジ」などの便利な技を習得。前衛の盾を張りつつ攻撃・回復・補助に活躍する。

一番の問題は、リメイクに際し同クラスに就ける二人の女騎士が加わったことだろうか。後者は専用クラスのテンプルコマンドが強力なため対抗馬にはなりにくいが、前者は性別的にも能力(基礎WT)的にも分が悪い。

リメイクに伴い、一般クラスにも就けるようになったためそちらでの活躍も見込める。騎士キャラながらINT(知力)が高いので魔法使い(ウィザード、ウォーロック)や魔法戦士(ルーンフェンサー)で美形キャラらしく活躍させてもいいだろう。


関連イラスト

ゼノビア組



関連タグ

タクティクスオウガ 騎士ミルディン 優男 毒舌 ホワイトナイト 騎士

pixivに投稿された作品 pixivで「ミルディン・ウォルホーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5151

コメント