ピクシブ百科事典

リフィカル

りふぃかる

※本記事はゲーム『灰色庭園』のネタバレを含みます
目次[非表示]

概要

 海底囚人製作のフリーゲーム灰色庭園に登場するキャラクターの一人。
 中盤からなんの脈絡もなく現れ、「通りすがりの悪魔」と名乗りながら、イヴリスの世界に幽閉されていたウォーダーズを救出したり、身動きが取れなくなっていたエティーウと接触したりと、陰ながら灰色庭園とその住人を手助けしていた。

正体

 ヨザファイヤ達の住む「灰色庭園」とは異なる世界を治める魔王の一人で、クカルブの古い知り合い。圧倒的な実力を持ち、イヴリスの部下ではかなりの能力を持つはずのリィタを一瞬であしらってしまえるほど。
 その行動の真意は、灰色庭園を侵略せんとするイヴリスの身勝手に腹を立てたためで、灰色庭園の住人たちが彼らを追い払ったあとも、彼女は単身イヴリス一行を追撃。さらなる制裁を加えた。

人物像

外見

 白髪に白い肌、それらに映える真紅の瞳、そして頭から生やしたヤギのものに似た二本の角が特徴。グレーのボーダーのワイシャツに黒のベスト、短めのスカートの上に裏地が赤く裾の長いフレアスカートを重ねるなど、夜会にでもふらりと現れそうな淑女然とした服装をしている。作中では確認しづらいが黒い羽根を生やしており、エマルフを締め上げた(※後述)際はそれらを腕の形に変形させていた。
 なお海底囚人のHPのキャラクターギャラリーでは彼女の全身像が見られるが(No.109)、そちらのイラストでは作中と違いヘッドホンのようなものを身に着けているのが確認できる。

性格

 一見するとかなりマイペース。
 イヴリスの世界に単身乗り込んだ際も一人で出歩いていたエマルフを見かけ、「ちょうどいいので道を訪ねましょう」「お行儀よく訪ねなければ」などと言いつついきなり彼を締め上げ、突然のことに困惑し白を切ろうとする彼を「嘘吐きは死のはじまりよ?」と恫喝し強引に口を割っていた。
 しかしながらただ傍若無人というわけではなく、イヴリスの狼藉を「複数の世界を壊しかねない」と厳しく咎めたり、天使と悪魔が平和に共存する灰色庭園を「珍しい世界なので大事にしたほうがいい」と評するなど、一人の統治者として良識を持っていることが窺える。

余談

原罪


 灰色庭園本編では一切語られないが、なんと妻帯者(!)であることが作者のイラストによって明らかにされている。愛妻家であると明言されており、なんと息子までいるらしい。海底囚人の「その他」にある落書き絵のログ(21番目)などに妻との仲睦まじげなイラストがあるので、気になる人は見に行ってみよう。

関連項目

灰色庭園
エティーウ クカルブ

pixivに投稿された作品 pixivで「リフィカル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 187169

コメント