ピクシブ百科事典

リヴァースキス

りばぁすきす

リヴァースキスとは、佐野しなのによる電撃文庫のライトノベル作品である。
目次[非表示]

概要

著:佐野しなの イラスト:Fuzzy によるライトノベル。
二〇〇七年六月に刊行。ひょんなことに主人公、末村善(すえむらぜん)はある朝、目が覚めると。目の前には見知らぬ男に身体を乗っ取られた自分がいて、自分は美少女になっていた。という性転換+憑依ものドタバタコメディ。第七回電撃hP短編小説賞『大賞』受賞。

ストーリー

ある朝、目が覚めると俺、末村善は美少女になっていた。そして肝心の俺の身体は見知らぬ男に乗っ取られていた。
 トモヨシと名乗るその男は今朝方交通事故により死亡した。がしかし、この世に残した果たしたい未練によりどうしても成仏できず、俺の身体を乗っ取ったらしい。なら目的を果たしてさっさと成仏したら万事OKと思った俺だったが、そのトモヨシの願いの内容が......。
かくして始まる二人のその周りのドタバタ劇、善とトモヨシの運命やいかに。


メインキャラクター

末村善

:主人公、現在身体を乗っ取られ絶賛女体化中、女体化前は高身長だった。口が悪くツッコミ気質。

トモヨシ

:善の身体を乗っ取った張本人、とある未練で現在、善に絶賛憑依中。変態。

啓司

;善の親友。が女体化した善を善とは知らずに......。

末村父

;末村善の父親。熊のような図体のでかい体格だが、涙もろく単純。



関連商品

リンクテキスト

コメント