ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

田中樹

たなかじゅり

日本の歌手、俳優、タレント。「SixTONES」のメンバー。ジャニーズを代表するラッパーである。
目次 [非表示]

概要編集

千葉県柏市出身の俳優タレントジャニーズ事務所所属。

1995年6月15日生。血液型B型。身長175cm。

SixTONES」のメンバーでラップ担当。メンバーカラーは。髪色がだいたい派手。グループではMCと進行全般をつとめる。

「じゅり」という本名は沢田研二の愛称「ジュリー」にちなみ名付けられた。

本人推奨の愛称は「じゅったん」だが、ANNリスナーからはこれを拒否され「田中」と呼ばれる。俳優業もこなしているが、バラエティ番組出演やMC業に特に注力しており、いつか紅白歌合戦司会を担当することが目標のひとつ。グループ解散後は個人として司会業をメインに活動したいと明かしている。「オオカミ少年」にレギュラー出演中。


自身がアイドルであることを大事にしているが、音楽面では特に海外のトレンドを積極的に取り入れることを意識している。もともとはラップを好んでいなかったが、現在はジャニーズを代表するラッパーに成長した。しまいには、「FNS歌謡祭」でCreepyNutsとコラボし、「かつて天才だった俺たちへ」をR-指定と共に披露した。また、エミネムを尊敬している。


趣味は現在「ゲームのみ」であり、一度始めると朝まで止められない。食べることに興味がなく、メンバー随一の痩せ型である。スレンダーすぎる体型はリュウグウノツカイC-3POにも例えられる。男ばかりの5人兄弟の4男。兄弟仲がとても良く、兄貴が実家で配信していた動画ではよく素の声が聞こえている。

経歴編集

2008年4月20日入所後即「Hey!Say!JUMP」のバックでラップを披露することになった。(※KAT-TUNの「SIGNAL」)その後2011年までHip Hop JUMPのメンバーとして活動。

バラエティ番組では2011年2016年にかけ『Rの法則』に「ジュリ」として出演していた。


2012年TVドラマ私立バカレア高校』出演を経て現在SixTONESのメンバーとして活動中だが、俳優やタレントとしての活動も多岐にわたる。

2020年より放送のラジオSixTONESのオールナイトニッポン サタデースペシャル」では、固定レギュラーとしてメインパーソナリティを務める。


人物編集

得意科目は体育で、どんなスポーツでも人並み以上にこなす。兄弟が多い環境で育ったため気配りに長けており、先輩のことは年下でも絶対に君付けするという硬派な面も持っている。グループ内でも先輩にあたる京本大我のことは「おまえ」呼びをしないとするなど、目上の者には特に仁義を通す面が見られる。このような気配りもあってか「自分が女子だったら彼氏にしたいJr.」として、かつてジャニーズJr.達からよく名前が挙がっていた。


爆モテの異名をとり、リアルでメンバー内で1番モテるという見解の一致がある。表向きにはギャルが好きだと公言しており、好みのタイプは顔が綺麗で顔が可愛い女性とのこと。


一方、バラエティ番組で女性を見る目がないことが徐々に明らかとなっており、TBS系列でレギュラーを務めているバラエティ番組『オオカミ少年』内の「果てしない挑戦!奇跡映像」というクイズにて、乃木坂46の1期生メンバー・秋元真夏が挑戦しながら涙するVTRを見て、タイタニックぐらい感動した!」「俺、あの子の涙を信じたい!」と発言。これにはぼる塾の田辺さんや近藤春菜から「女に慣れてねぇなぁ」とツッコまれたが、結果は秋元が「オオカミ少年」であったため、騙された上に先ほどの発言のせいでさらに恥をかく事態となった


また、『バナナサンド』の「ハモリ我慢ゲーム」ではこれまで5回出演しているが、ことごとくつられてしまい現在10連敗中。(ゲストはリベンジとして2曲用意できるため。)



家族・交友関係編集

兄は元KAT-TUNメンバーの田中聖俳優田中彪。弟の田中彗は樹と共にドラマ特急田中3号」に出演したことがある。また元ジャニーズJr.の塚本翔人、モデルの塚本愛梨は従兄弟にあたる。

SixTONESKAT-TUNの楽曲をカバーする際は、もちろん兄貴パート担当。

派手なパブリックイメージから交友関係が広そうに思われがちだが、オフは基本的に自宅で過ごしており「芸能界で親友と言えるのは兼近大樹だけ」とのこと。


SexyZone菊池風磨は数少ない親友であり、ジャニー喜多川から直接電話で「YOUと風磨は不良だから佐藤勝利に近づかないで」と釘をさされたという鉄板エピソードがある。菊池と共演した舞台「DREAM BOYS」ではチャンプ役をつとめており、将来は菊池と2人で楽曲を制作しリリースしたいと語っている。


京本大我が1年遅れで転校してきた高校時代はリアルに同級生であり席も前後であったことから、一緒に屋上で授業をサボった、宿題を忘れて2人で怒られたといったヤンキー漫画のごとき実話が多々残っているが、考え方の相違から京本のことは理解できないと繰り返し語っており、日常的にもメンバー内で最も距離を置いている。森本慎太郎のことはJr.時代より「慎太郎くんは俺のスター」と神聖視しており、ジェシーのことも崇めている。メンバー内で普通に馬が合うのは松村北斗とのこと。


関連動画編集

全国ラジオ34局 ラップチャレンジ企画


ソロ楽曲

関連イラスト編集

スーパー樹タイムSixTONES

💎SixTONES💎 モニタリングまとめ無題


関連タグ編集

関連記事

親記事

SixTONES すとーんず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 318816

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました