ピクシブ百科事典

ロバート・D・エルドリッヂ

ろばーとでぃーえるどりっぢ

ロバート・D・エルドリッヂは、アメリカの政治学者・著述家であり、元在日米軍海兵隊外交政策部次長も務めた人物。
目次[非表示]

概要

アメリカ合衆国政治学者で、著述家でもあり日本においていくつか書籍を出版している。
かつては在日米軍海兵隊外交政策部で次長を務めていたこともある。
1968年ニュージャージー州生まれで、父は第二次世界大戦において沖縄戦を戦ったという。
日本の保守愛国派と呼ばれる人々と交流が深く、後述する日本アメリカの関係が真により良くなっていくことを願っている人物で、特に沖縄における基地問題について積極的に活動しており、保守・愛国派の人々からは『青い目のサムライ』と呼ばれている。

詳細

以前は在日米軍海兵隊における外交政策部の次長を務めており、阪神淡路大震災スマトラ沖地震の救援活動に参加した経験から、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)におけるアメリカ軍自衛隊との協力による、災害救助や救援、復興支援活動を行う作戦である『トモダチ作戦』の立案者でもある。

日本日本人の危機に、尽力してくれた人物であるが、同時に日本の過激な反日極左団体の起こした事件により不遇な扱いを受けたことでも知られる。

2015年2月に、沖縄県名護市と国頭郡宜野座村にまたがる在日米軍海兵隊の基地「キャンプ・シュワブ」の前で、罵詈雑言を撒き散らし抗議活動をしていた、過激な反基地運動団体「沖縄平和運動センター」の議長である山城博治氏が、侵入禁止のラインを無視して押し入り、刑事特別法違反の疑いで逮捕される事件が起きた。

しかし山城氏は越えていない事を主張し、危うく真実が隠蔽されそうになったところを、これを受けてエルドリッヂ氏ら基地側は2015年3月に、山城氏が黄色のラインを越えていた事が確認できる基地監視カメラの映像をメディアに公開した。

その後、アメリカ海兵隊はこの行為が非公式なルートで不適切におこなわれたものであるとして、エルドリッヂ氏を映像の外部流出に関与したとして在沖縄米軍海兵隊外交政策部次長の職から解任したが、エルドリッヂ氏は正確な情報を伝える目的でおこなったものであり、映像に機密指定など無く、断じて違法行為などではないと、産経新聞が出版しているオピニオン誌「正論」のインタビューにて答え、処分に不満の意を示している。

また、後に彼のこの不当な解雇を知り憤慨した有志たちが、懲戒処分の撤回を請願する大規模な署名活動も展開され、一週間余りで4万人もの署名が集まる異例な出来事も起こっている。

解雇された後は、こうした沖縄の危機や日米関係の未来を憂いて、大手メディアでは報道されず主にインターネット上で広報活動をしている日本の愛国保守系の団体や、組織に所属する著名人と交友を深め、番組に出演したり講演や著述活動も行っており、彼が上述した反日極左の過激な反基地団体の活動を揶揄している。
近年は、沖縄の保守派活動家である我那覇真子氏とよく交流している。

著書

  • オキナワ論・在沖縄海兵隊元幹部の告白(新潮新書)
  • だれが沖縄を殺すのか・県民こそが“かわいそう”な奇妙な構造(PHP新書)
  • アメリカ海兵隊の「トモダチ作戦」経験者たちが提言する軍民協力の新しいあり方(近代消防新書)
  • トモダチ作戦・気仙沼大島と米軍海兵隊の奇跡の“絆"(集英社文庫)


関連タグ

アメリカ 日本
親日 日米 在日米軍
日米同盟 海兵隊
政治 学者 日米友好

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)
トモダチ作戦 USA!
青い目のサムライ

外部リンク

コメント