ピクシブ百科事典

不幸な子供

ふこうなこども

エドワード・ゴーリーの大人向け絵本。裕福だった少女が父の死をきっかけに不幸のどん底に転落していく話。不幸のままで物語が終わっており、救いはない。
目次[非表示]

概要

『不幸な子供』(Hapless Child)は、絵本作家のエドワード・ゴーリーによるアメリカの大人向け絵本
1961年刊行。日本では柴田元幸の訳により2001年に発行された。

裕福でやさしい両親のもとで暮らしていた女の子が、父親が仕事先の海外で死んだことをきっかけに不幸のどん底に転落していく話。不幸のままで物語が終わっており、救いはない。

物語(ネタバレ注意)

主人公の少女シャーロット・ソフィアは、裕福で優しい両親のもとで暮していた。
しかし、ある日、軍人の父親にアフリカ行きの命令がきた。
それが、シャーロットの不幸のはじまりだった。

数か月後、父の戦死の報せが届く。母は落胆し、たちまちやつれて死んでしまう。
ただ1人頼みの叔父は、こともあろうにレンガの落下で脳天を割られ、あっという間に孤児になる。
シャーロットは寄宿学校へ入れられるが、
先生たちからしてもいないことで罰せられ、他の生徒たちに大切な人形を八つ裂きにされる。
昼はできるだけ人から隠れて過し、夜は眠らずにしくしく泣く生活。
耐え切れなくなってついに学校から逃亡する。
そして町角で倒れたところを誘拐されて、売り飛ばされ、アル中のならず者の男に買われる。
暗い部屋と粗末な食事での生活を強いられ、造花作りの内職をさせられる。
シャーロットは、次第に視力が衰えてゆく。

ところが、死んだと思われていた父が生還し、帰国後必死に車で娘を探し回る。
シャーロットはならず者の男の隙をついて脱走するが、すでにほとんど盲目となっていたため、偶然通りかかった父親の車に轢かれて死ぬ
瀕死のシャーロットに父が駆け寄るが、あまりに変わり果てた姿に、我が娘とは気づかない。
ボロボロのシャーロットを父が抱き上げる場面で、物語は幕を閉じる。

関連タグ

エドワード・ゴーリー 絵本 バッドエンド

pixivに投稿された作品 pixivで「不幸な子供」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 114

コメント