ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
エドワード・ゴーリー
16
アメリカの絵本作家。

アメリカシカゴ出身。1925年2月22日(資料によっては同月25日生まれとも)生まれ、2000年4月15日没(享年75歳)。


繊細な線で執拗に描かれたモノクロームの質感を保つイラスト、そして(子供向けの絵本の体裁を取っていながら)道徳や倫理観を冷徹に押しやった、残酷で不条理に満ちたナンセンスな世界観、徹底して韻を踏んだ言語表現(なので翻訳はほぼ不可能)で醸し出される深い寓意性に定評がある。言語に固執し、果ては「完全に、適当なアルファベットを並べただけの表記しかついてない絵本」も出版している。

これらの特徴から導き出される高い芸術性から、現在では「大人の為の絵本」として認知、世界各国で熱心な称賛と支持を受けているが、ゴーリー本人は特に大人に向けて描いていた訳ではないと答えている。

図書館絵本コーナーや、某ヴィ○ッジ・バンガードの書籍コーナーで見かけた方も大勢居るだろう。


勿論、上記の評価は現在だからこその扱いであり、彼が生存していた時分は良くても無視、悪いと店頭販売の拒否は当たり前だった(特に『ギャシュリークラムのちびっ子たち』や『おぞましき二人』が顕著だった)。


生涯独身を貫き、また大の好きでもあったと伝えられている。猫の名前は『源氏物語』を基本としていたそうである。

バレエファンでもあり、ポスターを手掛けてもいた。

また、シニカルな作風とクラシカルな名前から、しばしばイギリス人と間違えられていたとされる(本人の述懐に基く)。


代表作

うろんな客』(1957年)

不幸な子供』 (1961年)

ギャシュリークラムのちびっ子たち―または遠出のあとで』(1963年)

敬虔な幼な子』(1966年)

優雅に叱責する自転車』(1969年)

おぞましい二人』(1977年)

華々しき鼻血』(1975年)

雑多なアルファベット』(1983年)

……他多数。


類似タグ

ゴーリー


pixivでは

Pixivに措いてはゴーリー氏の作品そのものを題材にとった作品のみならず、ゴーリー氏の作風をリスペクトした二次創作や、パロディ作品にも散見されるタグである。

アメリカシカゴ出身。1925年2月22日(資料によっては同月25日生まれとも)生まれ、2000年4月15日没(享年75歳)。


繊細な線で執拗に描かれたモノクロームの質感を保つイラスト、そして(子供向けの絵本の体裁を取っていながら)道徳や倫理観を冷徹に押しやった、残酷で不条理に満ちたナンセンスな世界観、徹底して韻を踏んだ言語表現(なので翻訳はほぼ不可能)で醸し出される深い寓意性に定評がある。言語に固執し、果ては「完全に、適当なアルファベットを並べただけの表記しかついてない絵本」も出版している。

これらの特徴から導き出される高い芸術性から、現在では「大人の為の絵本」として認知、世界各国で熱心な称賛と支持を受けているが、ゴーリー本人は特に大人に向けて描いていた訳ではないと答えている。

図書館絵本コーナーや、某ヴィ○ッジ・バンガードの書籍コーナーで見かけた方も大勢居るだろう。


勿論、上記の評価は現在だからこその扱いであり、彼が生存していた時分は良くても無視、悪いと店頭販売の拒否は当たり前だった(特に『ギャシュリークラムのちびっ子たち』や『おぞましき二人』が顕著だった)。


生涯独身を貫き、また大の好きでもあったと伝えられている。猫の名前は『源氏物語』を基本としていたそうである。

バレエファンでもあり、ポスターを手掛けてもいた。

また、シニカルな作風とクラシカルな名前から、しばしばイギリス人と間違えられていたとされる(本人の述懐に基く)。


代表作

うろんな客』(1957年)

不幸な子供』 (1961年)

ギャシュリークラムのちびっ子たち―または遠出のあとで』(1963年)

敬虔な幼な子』(1966年)

優雅に叱責する自転車』(1969年)

おぞましい二人』(1977年)

華々しき鼻血』(1975年)

雑多なアルファベット』(1983年)

……他多数。


類似タグ

ゴーリー


pixivでは

Pixivに措いてはゴーリー氏の作品そのものを題材にとった作品のみならず、ゴーリー氏の作風をリスペクトした二次創作や、パロディ作品にも散見されるタグである。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む
  2. 2

    まつお

    読む
  3. 3

    遊ハち

    読む

pixivision

カテゴリー