ピクシブ百科事典

堀江青

ほりえあお

「淫らな青ちゃんは勉強ができない」の主人公である女子高生。

概要

声 - 和氣あず未

本作の主人公である女子高生
第1話時点で1年生。真面目な性格で常に勉強に励んでおり、周囲からは高嶺の花と認識されている巨乳(花咲曰く「Gカップ」)の美少女
名前は青姦にちなむが、言葉の本当の意味を知らずに自分の名前の由来を小学1年生の授業参観で堂々と発表してしまったことで、初めて本当の意味を知る。
それからというものクラスメイトからは避けられるようになったことで人生を悲観視しており、名付け親の父親のことも憎むようになった。父親の影響で性知識は豊富に持ち合わせているものの、特に男性を「性欲の塊」と見なして交流を拒絶しており、恋愛経験は皆無。学校では女子も含めて誰ともつるんでおらず、クールに振舞っているが、テンパると噛んでしまう癖がある。

中学生の時の体育祭で父親が勝手に教師や同級生の父母らに自著を配りまくった姿を見て嫌な思いをしたため、自宅からできるだけ離れた高校に電車通学している。なお、作中では江ノ電が描かれている。
小学生の頃から「家を出たい」と強く思うようになり、そして家からできるだけ離れた有名国立大に合格して一人立ちするため、優秀な成績を維持していた。しかし、拓海に告白されてからは自分が淫らな行為をされる姿などを妄想するようになり、志望校判定も悪化するなど勉学に支障をきたすようになる。ただ、拓海が自ら童貞であることを告白してからは、ある程度余裕をもちながら接することが可能となり、紆余曲折を経て拓海と共に難関大を目指すこととなる(とは言え青自身も処女である)。
拓海のことが頭から離れられなくなったことで「木嶋のせいで勉強ができない」と、一度ハッキリと拓海をフってしまうが、結局は拓海が忘れられず、改めてお互いの気持ちを確認しあったことで、正式に交際の申し込みを受けたわけではないものの付き合いを続ける。ただ、推薦入試で学内推薦を得るため担任から海外留学を奨められたことで、2年生の夏休み期間中に海外留学することを決意する。そして日本を発つ直前、成田空港のロビーで拓海から「正式に」交際の申し込みを受け、拓海とは恋人同士となる。拓海にドン引きされたくない想いから中々父親の本当の職業を口に出せなかったが、受験前日に自身の名前の由来とともに思い切って告白。だが、拓海はあっさりと受け入れており、何回か青の自宅に邪魔していたこともあって花咲の職業も薄々気付いていたのだった。
受験前にストレスから暴飲暴食で一時的に激太りするも、拓海のサポートもあり、再び元の体型に戻る。
自宅に母親がいないため、料理などの家事は青が全てこなしている。また、自宅では普段着は着物であり、家事の際は割烹着姿である。
『オトナ編』からは、福岡の国立大学に通う女子大生。母親・志緒美が所有するマンションで拓海とともに暮らす。大学生になっても卑猥な妄想は相変わらずで、まともなデートはしたことないにもかかわらず、内心では拓海のカラダを求めているクズ(雅に言わせると『ドクズ』)になってしまっている。だが、実は拓海以外の男嫌いは今も続いている。

関連タグ

淫らな青ちゃんは勉強ができない 巨乳 淫ら

柳瀬舞衣 - 声優が同じで巨乳。MBSが製作委員会に参加している点でも共通している。
鈴谷(アズールレーン)ギャル子 - いずれも声優が同じで巨乳。高岡雅の中の人も出演している。

関連記事

親記事

淫らな青ちゃんは勉強ができない みだらなあおちゃんはべんきょうができない

pixivに投稿された作品 pixivで「堀江青」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88524

コメント