ピクシブ百科事典

夢と現の境界

ゆめとうつつのきょうかい

本記事における「夢と現の境界」とは、主にZUN(同人サークル上海アリス幻樂団主宰)作曲による楽曲である。pixivにおいては、このタグを通して大きく三通りの創作アプローチがある。
目次[非表示]

タグの用法

pixivにおける「夢と現の境界」にはタグとして主に三通りの用法があり、それは次の通りである。

  1. 上海アリス幻樂団主宰のZUN作曲による楽曲「夢と現の境界」に関連した作品に用いられるケース
  2. 上海アリス幻樂団の作品と他の創作作品とのコラボレーションを描いた作品に用いられるケース
  3. 幻想的な風景を描いたオリジナル作品に用いられるケース
本記事では上記の順で記述する。

楽曲としての「夢と現の境界」

上海アリス幻樂団主宰のZUN作曲による楽曲。
同サークルによる「 音樂CD 」のシリーズである「ZUN's Music Collection」第三弾「夢違科学世紀 ~ Changeability of Strange」に収録されている。
併記されている英語タイトルは「Wake up Mysterious Girl」。
ただしZUN作曲による曲名によく見られる「~」の記号で日本語タイトルと英語タイトルを繋げるようなスタイルは取られていない。

「ZUN's Music Collection」は収録曲に合わせ様々なストーリーが語られるという作品となっており、「夢違科学世紀」では登場人物であるマエリベリー・ハーンメリー)が、共に秘封倶楽部のサークル活動で様々な「 不思議 」を追う宇佐見蓮子に自身が見た「 」の話をするエピソードが展開される。
この際メリーは「 何が現で何が夢なのか判らなくなってきた 」と自身にとってその境界が曖昧になっていることを語っている。

「境界」という視点においては、「夢違科学世紀」のストーリー構成上における「夢と現の境界」はメリーが語る「 」の話の最終部分であり、続く曲からは視点がメリーから蓮子へと切り替わるというエピソード上の境目ともなっている。

同時に、夢と現が曖昧になるメリーを想い、蓮子が自身が考えられる「 二つ 」の方法から一つを選びとるエピソードへとつながる、秘封倶楽部としての境界を経ることとなるものでもある。

この他本曲は「博麗神主」による関連記述が『東方文花帖』(書籍版、東方Project)に掲載された「 幻想の音覚 」に掲載されている。それによれば「 曲名とテーマは、明らかにストーリーから決めたもの 」であり、イントロ部分とメイン部分で別々のテーマが意識されている。このテーマの違いは「 この曲自体が境界という役割を持ちつつ、実は境界自体は曲の中にも封じ込めてある 」という曲のコンセプトでもあり、「博麗神主」はこれを「 二重の結界 」と表現している。
また同文章では本曲の楽しみ方についても触れている他、ZUNの視点による本曲における「 幻覚 」の様子についても語られている。

なお、本曲名における「夢と現」の語を用いたものとして、同じくZUNの上海アリス幻樂団による東方Projectに登場する八雲紫がもつスペルカードに<結界「夢と現の呪」>がある。
紫もまた東方Projectにおいて様々な「境界」を構成し、またそれを渡る存在でもある。

pixivでは「夢と現の境界」に関連して蓮子とメリーの他、紫が描かれる事もある。

コラボレーション

上記の楽曲としての「夢と現の境界」に関連して、pixivでは蓮子やメリー、または紫とともに牛木義隆原作による漫画及びアニメーションである『夢喰いメリー』に登場する主人公の一人であるメリー・ナイトメアがともに描かれた作品に、一種のコラボレーションタグとして用いられる事もある。
特にマエリベリー・ハーンに関しては、先述のように「メリー」の愛称で呼ばれており、両者は自身を示すものまたは他者から認識されるものであるところの名前という表象において共通する要素をもつ。

また『夢喰いメリー』のメリー・ナイトメアは夢魔であり、本来は主人公側の世界とは異なる世界に存在するものである。同作では「現界と幻界の境界の扉」を介して両世界で起こる事柄が様々なエピソードを通して語られ、境界を隔てた別々の世界が特定のキャラクターを通して交わる様子が描かれるなど、概念的に共通する部分もある。

両者のコラボレーションは様々な方面からも共感し合う部分を持つものとなっている。

幻想的風景

上記のような特定の創作作品に関連したものに限らず、「夢と現の境界」はその語感からして一般的な表現性においても親和性を持つ。例えばリアリズムとファンタジーを同時に表現したような作品においては、現実と幻想とを同時に体験するという感覚を覚える事もあることだろう。
その際閲覧者は作品を通して夢と現とをひと時曖昧なものとしており、その体験や感覚を表現して「夢と現の境界」とすることも理解できる。

pixivではこのような感性的体験などから、本タグが用いられる事もある様子である。

関連イラスト

上海アリス幻樂団作品

  • 秘封倶楽部または八雲紫
蒼の碧落
現実と幻想の境界



コラボレーション

  • マエリベリー・ハーン(ZUN's Music Collection) × メリー・ナイトメア
夢喰いマエリベリー


  • 八雲紫(東方Project) × メリー・ナイトメア

【夢喰幻想巡】連れて行きなさい!



幻想的風景

夜の境界線



関連タグ

楽曲関連
上海アリス幻樂団 ZUN
東方Project 秘封倶楽部 東方楽曲
宇佐見蓮子 マエリベリー・ハーン
八雲紫

コラボレーション関連
夢喰いメリー
メリー・ナイトメア

風景関連
風景 幻想 現実

全般
pixpediaで分割された項目

pixivに投稿された作品 pixivで「夢と現の境界」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 305742

コメント