ピクシブ百科事典

夢違科学世紀

ゆめたがえかがくせいき

「夢違科学世紀」とは、同人サークル上海アリス幻樂団による音楽CD作品である「ZUN's_Music_Collection」の第三弾である。
目次[非表示]

二人の霊能少女は、未来の悪夢を吉夢に変える。
(上海アリス幻樂団公式ページ、音樂CD紹介ページより)

概要

夢違科学世紀とは、同人サークル「上海アリス幻樂団」による「 音樂CD 」のシリーズ作品である「ZUN's Music Collection」の第三弾作品。

正式名称は 

ZUN's Music Collection Vol.3
「夢違科学世紀(ゆめたがえかがくせいき) 〜 Changeability of Strange Dream」

となっている。

2004年12月、コミックマーケット67にて頒布された。

「ZUN's Music Collection」

「ZUN's Music Collection」は上海アリス幻樂団主宰のZUN作曲による音楽を収録したものであり、同じく上海アリス幻樂団作品である「東方Project」の各作品(ゲーム・書籍付属CD等)で使用された楽曲またはそのアレンジ(セルフアレンジ)と、各CDのために新たにつくられた楽曲の二種類からなる。
さらに「ZUN's Music Collection」では同梱のシートまたはブックレットにて、それぞれの楽曲の項目に並んでZUNによる独自のストーリーが語られている。

本作からストーリー部分が語られる紙面が前作「蓮台野夜行」などのような一枚のシートのものから厚みのあるブックレットに変更されており、一曲ごとに重ねられるストーリーが各種一ページないしはそれ以上によって語られるものとなった。

前作で登場した「 蓮子 」と「 メリー 」のフルネームである「宇佐見蓮子」と「マエリベリー・ハーン」が登場したのも本作からである。

本作はメリーが見たという「 」についてメリーの視点から語られ、それにまつわる奇妙なエピソードを受けた蓮子がその想いを巡らせる、というものとなっている。
メリーが夢を通して異世界と思しき世界を体験している事が語られる最初のエピソードである。

この「夢」での出来事については東方Projectに登場するモチーフと類似する点が様々に見出されるものともなっており、同時に東方Projectの書籍作品の一つである『東方求聞史紀』にも「夢違科学世紀」のエピソードとリンクすると思われる作中資料が登場しているなど、ファンの間では両者の関係性が今日でも様々に考察されている。

ブックレット表紙には蓮子とメリーのいる場所の奥に境界が開いており、その向こうから竹がこちら側に伸び込んでいる。そして竹の枝には東方Projectに登場する藤原妹紅が使用するものに似た札が引っかかっている。


これが、紅(あか)いお屋敷で頂いたクッキーと、竹林で拾ってきた天然の筍よ
(メリー、「夢違科学世紀」、科学世紀の少年少女)

「童祭」

本作のトラック最初に収録された「童祭」は、2004年に行われたトークイベント「東方の夜明け」にZUNが出席した際のZUN本人の入場テーマである。ブックレットあとがきでZUNは「 自分がテーマだともの凄くやりにくい 」、「 こっぱずかしい 」と語っている。
また本曲に特徴的な要素として「歌詞」がある事が挙げられる。

なお、同曲はその表記についてCDブックレットでは「童祭 ~ Innocent Treasures」と、「童祭」と「~」の間にある空白が全角となっているが、公式サイトによる表記では同空白が半角となっている(2015年5月現在)。


幻か、砂上の楼閣なのか
  夜明け迄、この夢、胡蝶の夢 」(「夢違科学世紀」、童祭)

収録曲

  1. 童祭 ~ Innocent Treasures  (2004 東方の夜明け ZUN入退場テーマ)
  2. 華胥の夢  (オリジナル)
  3. 上海紅茶館 ~ Chinese Tea(『東方紅魔郷』)
  4. ヴォヤージュ1969  (『東方永夜抄』)
  5. 科学世紀の少年少女 (オリジナル)
  6. 永夜の報い ~ Imperishable Night  (『東方永夜抄』)
  7. 夜が降りてくる ~ Evening Star   (『東方萃夢想』)
  8. 人形裁判 ~ 人の形弄びし少女  (『東方妖々夢』)
  9. 夢と現の境界   (オリジナル)
  10. 幻想機械 ~ Phantom Factory   (『秋霜玉』/西方Project)
  11. 幽玄の槭樹 ~ Eternal Dream  (『東方永夜抄』)

※括弧部「オリジナル」とは同CD作品初収録作品であり、それ以外のものは二重鍵括弧内の東方Project等の各作品が出典。
本CD収録曲は、2000年から2004年までに作曲、または同期間に発表された(あるいは開発中の)ゲーム等に使用された楽曲である。

蓮子とメリーのデザイン

【例大祭12】夢違科学世紀


宇佐見蓮子

後ろ姿で描かれている。背中に当たる後ろ髪にはゆるやかなウェーブがかかっている。

白色の長袖シャツと黒色のロングスカートを着ており、それぞれの裾部分(シャツは袖先部分にも)に波縫い状の意匠がある。このとき、シャツのものは赤系統でスカートのものは白系統。スカートと波縫い状の模様の黒と白による色彩対比は、東方Projectでは例えば宇佐見菫子のマントにもみられる。

トレードマークの一つでもある黒色の帽子をかぶっており、本作ではこの帽子に白色のリボンが見られる。
足元は踵の低いパンプス様の靴を履き、白色のソックスを足首付近で折りたたんでいる。

待ち合わせの場面であるのか、白いクロスの掛けられた丸テーブルの席についていたメリーの手前に描かれている。
所持しているアイテムは閉じた本(右脇に抱えている)。
厚めの、深緑色の装丁の本で、表紙及び背表紙には黄色または金色系統の装飾がみられる。
立ち位置は向かって右手側(メリーと向かい合い)。

マエリベリー・ハーン

金色のウェーブがかかった髪で、体を傾けているためか、傾き側に髪も流れている。
後ろ髪は肩よりも長い様子である。本作では帽子はかぶっていない。

本作でのメリーは着席している姿で描かれており、メリーの着いているテーブルには先述のように白いクロスがかけられ、メリーは胸元から下がそのクロスに隠れている。足元も確認できない。

描かれている範囲では、メリーは紫色の長袖の上着を着ており、この上着には胸元に白系統の色のボタンが二つ確認できる。さらに襟には赤色、袖には白色の波線様の模様線が入っている。襟元には正面に赤色のリボンを結んでおり、大きめの輪が二つ作られている。

にこやかとも悪戯っぽい笑顔ともとれる表情で蓮子を斜めに見つめ、左手親指と人差し指でベリー色の飲み物の入ったグラスの飲み口を上からつまむようにして傾けている。
立ち位置は向かって左手側(蓮子と向かい合い)。

この他メリーの席の向かって右手側には赤い服を着た人形らしきものも置かれている。

関連イラスト

秘封倶楽部



関連タグ

作品関連
上海アリス幻樂団
秘封倶楽部 / 秘封 東方Project
宇佐見蓮子蓮子) マエリベリー・ハーンメリー

秘封倶楽部関連イベント
境界から視えた外界
科学世紀のカフェテラス

「ZUN's Music Collection」シリーズ前後作品
Vol2.蓮台野夜行 ― Vol.3(本作) ― Vol4.卯酉東海道

pixivに投稿された作品 pixivで「夢違科学世紀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19923

コメント