ピクシブ百科事典

童祭

わらべまつり

「ZUN's MUSIC Collection」の「夢違科学世紀」に収録されているオリジナル曲「童祭 ~ Innocent Treasures」。この曲を手掛けたZUN自身のテーマ曲であり、ZUNが手掛けた曲では唯一作詞も行っている。
目次[非表示]

概要

ZUN's Music Collection Vol.3「夢違科学世紀」に収録されているオリジナル曲。
2004年に行われたトークイベント「東方の夜明け」にZUNが出席した際のZUN本人の入場テーマである。
ブックレットあとがきでZUNは「 自分がテーマだともの凄くやりにくい 」、「 こっぱずかしい 」と語っている。

また特徴的な要素として、ZUNが手掛けた曲で唯一の「歌詞」がある
「古の幽玄の世界、古の美しい都」は幻想郷のこと。

歌詞

夢違え、幻の朝靄の世界の記憶を
現し世は、崩れゆく砂の上に
空夢の、古の幽玄の世界の歴史を
白日は、沈みゆく街に
 
幻か、砂上の楼閣なのか
夜明け迄、この夢、胡蝶の夢
 
夢違え、幻の紅の屋敷の異彩を
現し世は、血の気ない石の上に
空夢の、古の美しき都のお伽を
白日は、穢れゆく街に

アレンジ楽曲

神主ことZUNのテーマ曲で作詞されている曲でもあるため、ボーカルアレンジはネタ要素はあまりなくZUNをリスペクトするかのごとく、丁寧な作りが多いのが特徴か。
元作詞をアレンジ曲の歌詞に取り込んだ曲も存在する(下表の【★】印)。
ビートまりおはZUNをリスペクトしたアレンジ曲を手掛けたことがある。

このこともあってかZUNの要素を取り入れたアレンジ曲も初期は目立っていたが、夢違科学世紀秘封倶楽部の関連作品でもあるため、近年は秘封倶楽部に視点を当てたボーカルアレンジ曲も目立ちつつある。

アレンジ曲名サークル名(アーティスト名)登場年備考
2005
2006
2007
B・E・E・RIOSYS2008呑んべぇのレムリアも含む
2008
R!T!S!ビートまりお(COOL&CREATE)2009RTSは略称元の博麗神社例大祭。この同人イベントに着目したボーカルアレンジ曲
2009
2009
2009
2010
2010
2011
うつつのゆめ凋叶棕 / TUMENECO2011科学世紀の少年少女 空飛ぶ巫女の不思議な毎日を含む
2011
2012
童祭SYNC.ART'S2012【★】「LIMIT BREAK」収録
Childhood DreamerGET IN THE RING2013【★】
2013
童祭SOUND HOLIC2013【★】
東方人-TOHO BEAT-ビートまりお(COOL&CREATE)2013
2014
2014
2015
2015
2016
2016
2017
2017
2018
童祭Ridil2018【★】
2019
2019

関連タグ

東方 東方Project
ZUN 神主

夢違科学世紀
秘封倶楽部

関連記事

親記事

東方楽曲 とうほうがっきょく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「童祭」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20

コメント