ピクシブ百科事典

目次[非表示]

略歴

1981年5月5日の生まれであり、岩手県立大学ソフトウェア情報学部卒。
1998年ごろにインターネットサイト「COOL&CREATE」を立ち上げ、その頃からBMSを使用した様々なゲーム作品の音楽アレンジを披露している。
無類のSTG好きであり、STGのBGMのアレンジアルバム「STG×STG」で東方ProjectのBGMアレンジが2曲入っていたことから、それを切っ掛けに東方界隈からも注目を浴びるようになる。
「最終鬼畜全部声」「Help me, ERINNNNNN!!」「ウサテイ」「ナイト・オブ・ナイツ」等、ニコニコ動画で著名なこれらの楽曲も全て彼が手がけており、これらの東方アレンジが音楽ゲームに多く収録されているなど、10年以上続く東方アレンジの歴史における功労者と言ってもいいだろう。

2003年に女性ボーカルのあまねが加入し、徐々に音楽サークルとしての活動を開始。様々な音楽イベントに出演したり、他サークルのCDに楽曲を提供している。
当初はあまねがメインボーカルを務めることが多かったが、2007年の「レザマリでもつらくないっ!」以降はまりお自らボーカルを務める曲が増えてきている。

男性ながらも質の高いボーカルを持つ一方、とにかく下ネタ好きである。ライブなどで一旦スイッチが入ると暴走して、下ネタなどを連発する始末であり、そのせいでとある方からお叱りを受けた事もある。
ときに歌の中でも暴走することもあり、挙句の果てにタイトルから収録曲全てに性器名称が使われているオリジナルアルバムを出す始末である。
ショップで頒布する際にはタイトルに修正が掛かったのは言うまでもない。
なお、スター☆ドラフト会議にて母親(通称ビートままりお)と出演したことがあったが、地上波で流していいのかと疑うレベルとんでもない曲名がついた曲をアカペラで披露し、ままりおが謝り無事(?)上田に怒られた。



・・・そんなこともありつつ、2016/05/05の自身の誕生日に合わせて、生放送においてあまねとの結婚が発表された
そして2019年8月9日、Twitterにてあまねが新しい命を授かったことを報告し、2020年2月4日、クソガキの父親となった

プライベートでは同人作家の伊東ライフと親交があり、高校生くらいの頃からという非常に長い付き合いでお互いを知り尽くしている。

バ美肉

無題


2020年嫁をモデルにバ美肉を果たした。
デザインは当然のごとく親友の伊東ライフ
あくまでモデルは「嫁がバーチャル化した姿」でありながら「嫁の身体に自分が入って喋る」という、VTuber界隈で見ても極めて異質で拗れた存在となっている。
身体は嫁の方なのでと周りがセクハラにならないように気を遣う一方で、本人は下ネタ嫌いの身体で下ネタを連呼する暴走ぶりを見せている。

同じく「伊東ライフの娘」にあたる愛園愛美夢乃リリスとも下ネタ愛にて意気投合し、「伊東家」の一員としてたびたびコラボもおこなっている。
また、下ネタ関連ではとんでもない言動を繰り返し、あいかわらず酷い下ネタ楽曲の提供などやりたい放題なのだが、「嫁一筋」という点はぶれずに伝わっており、どれだけ女性VTuberと親しくしようが、恋愛関連の話題になろうが、「こいつは嫁以外の女に興味が無い」という共演者・リスナーの共通意識が成立しているらしい。

関連人物

あまね:妻
母親:ファンからは「ビートままりお」と呼ばれている。まりおの性格の悪さは母親譲り。「drizzy again」やテレビ番組でも母子で共演している。

伊東ライフ:親友。元々は彼の同人誌で抜けない(抜こうとすると本人の顔が浮かぶ)呪いにかかっていたが、パチュリーの同人誌があまりにもエロかったため呪いを克服した。

関連タグ

歌手 COOL&CREATE 東方Project バーチャルYouTuber

関連記事

親記事

COOL&CREATE くーるあんどくりえいと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ビートまりお」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 630948

コメント