ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要

TVシリーズ「新世紀エヴァンゲリオン」第24話「最後のシ者」において、渚カヲルが風呂場で碇シンジに対して告げた台詞である。


「常に人間は心に痛みを感じている。心が痛がりだから生きるのも辛いと感じる。ガラスのように繊細だね。特に君の心は」

「僕が…」

「そう。好意に値するよ」

「好意?」

「好きってことさ」


この後「第弐拾四話」とタイトルが入る。


関連タグ

渚カヲル 碇シンジ 新世紀エヴァンゲリオン

CV:石田彰 台詞 好き

関連記事

親記事

渚カヲル なぎさかをる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35485

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました