ピクシブ百科事典

導きの星

みちびきのほし

導きの星とは、2002年~2003年にかけて全4巻発行された小川一水による小説作品。2018年アニメ化予定。
目次[非表示]

ストーリー

銀河に進出して数多くの異星人と邂逅した地球は、文明の遅れた彼らを宇宙航行種族にすべく“外文明支援省”を設立。“外文明観察官”を派遣して、秘密裏に援助を開始した。
だが、若き観察官・辻本司と三人の美少女アンドロイドが発見した「スワリス」との意外な接触(と失敗)が、やがて銀河全体を波乱へと巻き込んでいく…。

主な登場人物

辻本司
地球から第611号外文明オセアノにやってきた若き外文明監察官

アルミティ、バーニー、コレクタ
司の部下のBマイナス級 目的人格(パーパソイド)。それぞれアルミティが『経済』バーニーが『生存』コレクタが『科学』を担当。

関連タグ

村田蓮爾 (カバーイラスト担当)

外部リンク

発行元『角川春樹事務所』による紹介ページ

pixivに投稿された作品 pixivで「導きの星」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17

コメント