ピクシブ百科事典

少女魔法学リトルウィッチロマネスク

しょうじょまほうがくりとるうぃっちろまねすく

Littlewitchが製作したアダルトゲーム
目次[非表示]

概要

ストーリー

主人公のドミノは9人目の大魔法使いとなった優秀な人物である。しかし、他の大魔法使いが魔法を出世の道具としてしか見ていないことに嫌気がさし、帝都を離れて辺境に1000年以上昔から建つと言われる「黒の塔」に住むことを決意する。しかし他の大魔法使いたちがそんな勝手を許すはずもなく、「3年間で一人前の魔法使いを育てること」を黒の塔に住むことの交換条件として持ち出してきた。通常何十年もかかる魔法使いの育成をたったの3年で行なうのは無理難題な上、育てることとなった2人の少女は魔法院でも持て余している子達だった。果たしてドミノは無事にこの課題をこなすことができるのか

キャラクター

  • アリア・ヴァングリフ

主人公の弟子として魔法を学んでいく少女の1人。北の大貴族「ヴァンクリフ公」の次女で、兄二人と姉が一人いる。貴族故の窮屈な生活と、 親が勝手に婚約相手を決めてしまったことに腹を立てて家出をして魔法院に入った。少々勝気なところと自信家過ぎるところがあり、おしとやかなカヤと自分を比べて凹むこともしばしばある。しかし根が真面目であり努力家であることから、様々な試練を乗り越え成長していく。貴族の娘らしくかわいい服やお菓子に目がない。家事は苦手で失敗も多い。

  • カヤ・シャビエ
主人公の弟子として魔法を学んでいく少女の1人。閉鎖的な少数民族「ロシタリ」出身。純血を重んじるロシタリ族の中にあって他民族との混血児であるということが原因で村を追われることとなり、その後は魔法院に入る。大人たちに囲まれた活動や、都会的な魔法院での生活になじめずにいた。大人しく引っ込み思案なカヤはアリアとは性格も思考も対極であり、仲違いすることもあったが、生活を進めるうちに打ち解けてゆく。好きなことは昼寝、お風呂、そして歌を唄うこと。

「ウィキペディア」より引用

pixivに投稿された作品 pixivで「少女魔法学リトルウィッチロマネスク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3575

コメント