ピクシブ百科事典

我れ神仏を尊んで神仏を恃まず

われしんぶつをとうとんでしんぶつをたのまず

日本の剣豪である宮本武蔵の格言の一つ。

概要

日本で最も有名な剣豪である、剣聖宮本武蔵が残した格言の一つである。
京都八大神社にある武蔵像の石碑に刻まれており、後に『五輪書』にも書き残したらしい。
江戸時代初頭において、一乗寺下り松での吉岡一門数十人と決闘を行った際、武蔵は決闘前に当社でお参りをしようとしたが、神仏にすがろうとするのを自分の弱さと感じ、寸前でやめたという逸話があるという。

関連タグ

格言 名言
宮本武蔵

関連記事

親記事

宮本武蔵 みやもとむさし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「我れ神仏を尊んで神仏を恃まず」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7

コメント