ピクシブ百科事典

時野若留

ときのわかる

ゲーム『脱出アドベンチャー』シリーズの主人公。

概要

ゲーム『脱出アドベンチャー』シリーズの主人公。
私立逢魔学園高校1年生。『呪いの数列』からは進級して2年生になっている。学籍番号は1260188A。5月14日生まれ。
幼い頃に両親を交通事故で亡くしており、小学校1年生のときに七阜市大継町に引っ越してからは時野時計店を営む母方の祖父・時野創司の元で育つ。
左腕には時計修理用の工具入れを兼ねた万能腕時計・クロノテクトを常に巻いている。

好奇心旺盛で猪突猛進。気になる対象には後先考えず突っ走るのが当たり前で、幼馴染みの鍛冶野彦道は元より、転校生の須佐見秀ノ介を巻き込んで活発に動き回っている。
意図不明のボタンを躊躇無く押すチャレンジャー精神や目を見張る行動力は長所と同時に短所でもあり、度々不用意に突き進んで危険に晒されては彦道達に呆れられたり窘められたりしている。若留本人も悪癖であることは一応自覚しており反省や自戒意識を持とうとするがあまり効果は無い。
一歩間違うと身勝手な行動と見なされてしまうが、分け隔て無い優しさやお人好しなところ、ポジティブで快活な性格が皆から好感を持たれやすく、たとえ最初は険悪だった相手とも最後は仲良くなれてしまう(本人は無自覚)。時計店がある商店街でも皆のアイドルとしておじさんおばさん勢から愛されている。
このような大胆で自由奔放な面が目立つが、一方で成績は常に学年30位以内をキープするほど優秀で、周囲からは真面目な優等生として見られることを己に課している。これは両親亡き後引き取ってくれた唯一の身寄りである創司への恩返しの意味があり、彼を心配させまいとする若留の思いでもある(飛び込んでいく事件が事件故に結局心配させることもあるが)。
また創司が普段工房に籠もりっぱなしのため、代わりに家事を一手に担っている。

実は幼い頃に両親が車の交通事故に遭い、若留だけが車外に投げ出されて奇跡的に助かった後に大継町へ引っ越してきた。
しかし両親の死を目の当たりにしたショックから当時の若留は何に対してもほとんど反応せず、クラスの男子達に苛められ大切な栞を破かれても虚ろだったほど心を閉ざしていた。しかしこれは周りへの関心が極限まで薄れていただけで、陰で一人涙していたところを当時同じクラスだった彦道に励まされ、彼の言葉を機に現在の明るく元気な性格へと変わっていった。
そんな過去から『最初の友達』である彦道をとても信頼しており、日常でも探索中でも真っ先に彼を頼るのが当然で、若留の中では「彦道がいれば大丈夫」と自信を持たせるほどの唯一無二の存在となっている。制服の胸ポケットに収めている栞は彼が摘んでくれた花を押し花にして作った物で、若留にとっては密かなお守り代わり。
ただ事故のトラウマから暗闇や孤独感には滅法弱く、特に誰にも頼れない一人きりの状況では本来の能力やポジティブさが全く発揮できず、酷いときはどんどんネガティブになり弱気になってしまう弱点がある。他にも自分のペースを崩されるのが苦手でプレッシャーがかかる試験の本番に弱い。

好きなものは分解、パズル、オカルト系の噂や怪談などの不可思議な話、読書、骨董品を始めとした古い物やアナログの物。
分解は創司が営む時計店で暮らしているのもさることながら、両親も時計に関する職業に就いていたようで筋金入りの遺伝だと思われる。分解・修理の専門分野は時計だが、スピーカー、パソコン、カメラ、土偶、オーパーツ等、とにかく分解であればどんな物でも目の色を変え(彦道曰く「スイッチが入る」)、人が変わったかのように嬉々として取り組んでいく。また分解以外にも発電機やカードリーダー等の修理、電話の受話器を即席ドアノブとして作り替える発想力や魔改造も得意。一連の行為で用いる母親の形見のクロノテクトは、若留達を襲う数々の危機を救っている。
オカルトものや怪談話は自ら真相解明に赴くほどだが、好きなのはあくまで話であって本物の幽霊や得体の知れない存在は苦手。
読書はとりわけ児童文学が好きで、秀ノ介とは本の趣味や彼が調達する噂話の豊富さから意気投合している。

両親とは早くに分かれてしまったが、母親からはクロノテクトを始め「この世に解けない謎は無い。開かない鍵などありはしない」の口癖やイマイチなネーミングセンスをしっかり受け継いでいる(若留の名前の由来は母親の「可愛くて賢そうな名前がいい」という理由から。なお彼女の後輩は微妙な反応をしている)。
生来手先が器用で微かな音の有無や違いを聞き分けられるほど耳がいい。
学校の先輩や商店街の人達からはしょっちゅう彦道と秀ノ介との関係をからかわれ、その都度赤面して否定したりと恋愛事には結構初心(ちなみに異性の好みは「落ち着いた雰囲気の優しい人」)。彦道のデリカシーの無い発言にしょっちゅう怒っているが、スカートのガードが非常に緩く彦道と秀ノ介を動揺させまくっていることには全然気付いていない。
将来の夢は創司と同じ時計職人になること。その一環で既に時計修理技能検定2級を取得している。

関連タグ

シリーズ一覧脱出アドベンチャー 旧校舎の少女 魔女の住む館 悪夢の死神列車 シアワセの赤い石 終焉の黒い霧 呪いの数列 神降しの占い盤 第七の予言
関連人物鍛冶野彦道 須佐見秀ノ介 千波鏡華 紫ノ宮葵 トキノ 月夜乃境護 須佐見優理香 トビ ハカセ ルイ 十田美輝 四馬博

関連記事

親記事

脱出アドベンチャー だっしゅつあどべんちゃー

pixivに投稿された作品 pixivで「時野若留」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6848

コメント