ピクシブ百科事典

最後のリボルバー

さいごのりぼるばー

最後のリボルバーとは、悪ノP作詞作曲のメグッポイド(GUMI)オリジナル曲である
目次[非表示]

冬のある日、恋人の男に拳銃を向ける女。
どうしてそうなったのか、その物語が語られることはない。
確かなことは一つ。幸せだった日々はもう二度と戻っては来ない・・・

概要

悪ノPとしては初のGUMIオリジナル曲。

正義と悪、対立する組織に属する男女の悲恋を描いた楽曲で、モチーフは言うまでも無く
ロミオとジュリエットを彷彿とさせる。

この曲を発表当時、悪ノPは『本曲は大罪シリーズと関係ない』と述べていたが、後に大罪シリーズの「憤怒」ネメシスの銃口の主人公ネメシス=スドウの話であったことが判明する。
歌詞の中には狙撃手サンタなど五番目のピエロに登場した犯罪組織「ペールノエル」を連想させる単語が登場するが、これは五番目のピエロより約300年後の「ペールノエル」の代であるため。また今代の首領サンタ悪徳のジャッジメントの主人公ガレリアン=マーロンである。

本家動画

【GUMI】最後のリボルバー【PV】

関連タグ

VOCALOID 悪ノP GUMI 五番目のピエロ ネメシスの銃口

pixivに投稿された作品 pixivで「最後のリボルバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12756

コメント