ピクシブ百科事典

ガレリアン=マーロン

がれりあんまーろん

mothy(悪ノP)が制作した「七つの大罪シリーズ」の強欲にあたるオリジナル楽曲「悪徳のジャッジメント」及び同タイトルの小説の主人公である。
目次[非表示]

「さあ、開廷の時間だ」

概要

エヴィリオス地方の連合国家USEにおいて政府直下の裁判所を支配、私物化した。
後世にて『collecter』とも呼ばれた人物である。
モデルはKAITO七つの大罪シリーズ後半以降のキーパーソンでもある。

愛する「娘」を治療するため大罪の器を集め続け、そのための資金として賄賂を受け取る事で判決を無罪にため民衆から反感を買い、ついに内乱を起こすまでに至る。

最後は燃える家の中で一人の少女の放った銃弾に眉間を撃ち抜かれ死亡した。

楽曲での初登場は「悪徳のジャッジメント」、小説での初登場は「悪ノ娘〜青のプレッファチオ」

活躍

ヴェノマニア公の狂気


巻末にて登場。
色欲の大罪の器『ヴェノム・ソード』を取り戻そうとするガモン=オクトをあしらい、Maと大罪の器の保管場所について相談していた。

悪食娘コンチータ


レストラン『グレイブヤード』にMaと2人で来店し、バニカ=コンチータについての情報を聞いた後悪食の大罪の器『グラス・オブ・コンチータ』と傲慢の大罪の器『ルシフェニアの4枚鏡』を入手した。

関連イラスト

悪徳のジャッジメントミリオンお祝い
Master of the court



関連タグ

悪ノP KAITO
七つの大罪シリーズ 悪徳のジャッジメント

pixivに投稿された作品 pixivで「ガレリアン=マーロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57259

コメント