ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ソビエト【ロシア】と中国のハーフであり、日本育ちの元アイドルである。
実際モデルになった本人も何のアイドルかは秘密にしているが、元現役アイドルであったこと的な噂が立っている。
ただ、その親しみやすさとおしとやかで元気な性格、
そして元気いっぱいの行動はファンでなくとも虜になっている方も非常に多く、
ティックトックとTwitterをメインに活動をしている。
レッドアイ小説の作品に出てくるキャラクターで、

通称 メスクマ として親しまれており 赤い国のメスクマと言われている。

また、幼き頃からの心の支えは熊であり彼女自身「熊たん」と呼び親しんでいる。
また、基本的には「ベア【бэа】」として親しんでおりまた、生まれ変わったら熊になりたいらしい。

プロフィール

出演作品レッドアイ小説
性別メス
誕生日2009年2月14日
出身地ソビエト・ロシア【Российская Советская Федеративная Социалистическая Республика】
身長160㎝
体重非公開
特技歌い踊ること。また、以外と酒に弱い
好きなものアゲパン、肉、熊、ウォッカ、シナシナカレーパン
嫌いなもの人間


人物

レッドアイ小説【ステンノ】にて初登場しており、アーブラスの中で赤羽優奈と共に
悪夢共にトラウマを見せる見世物のステージで歌って踊っていた
(実際起こったことの何かの比喩のようだがいったい何を捻くって描いたのかは不明)。

朝比奈百花はステンノにて檻の中に閉じ込められたままステージを眺める優花と目が合い、
優花の待つ部屋まで移動しソビエトの刻まれたネックレスとイヤリングなどを見せる。
※設定上、2025年のソビエトが軍事の問題を成功し崩壊を遂げなかった世界から来たという設定。また、
その世界ではソビエトは北方領土を超え日本侵略を図っていたなどの設定がある。
実際に私たちが歩むこの世界でもそうなりかけた事例は沢山あるため
そのような社会背景から作られた設定と考えられる。
朝比奈百花事態も少し古いロシア語を使用することがあるなどの特徴があることから、
そのような設定に合わせているのかなどの真相は現在2021年の今も不明。
ただとてもかわいく頭の中が真っ赤であり、「世界は我らの為にある」と言うと
ある資料集のセリフで一躍人気を誇った。

またYouTubeにて現在は生放送でのラジオ放送などをしており
クマたん と呼ばれ可愛がられている。
社会派主としても知られており案外様々な社会問題について話すこともあったり
また、リスナーであれど叱るときはしっかりと叱る性格で
まっすぐなことから多くの方からも信頼があり愛されている。
ただ、とってもお寝坊が多く基本午後起きてくる。
元々はツイキャスにて生放送をしていたり
イスマイエムパーク内でのみ声を出し歌唱していたが
2020年の冬イスマイエムパークの外に出て初めて初出演をした。
また、イスマイエムパーク【Исумайэму_Парк】で現在人気の
アイドルグループ「オマンティーズ」のメンバーであり、一番楽曲を多く持っている。
それから、レッドアイ小説関連の楽曲は基本彼女が歌っている
現在2021年の今15歳であるがその怯えた歌声と元気に発生する声は
少しずつ自由を覚え表情のつく成長と努力する姿はファンの心を奪うことでしょう。


その他

熊たん
メスクマ
赤い国のメスクマ

関連記事

親記事

レッドアイ小説 れっどあいしょうせつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「朝比奈百花」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 107376

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました