ピクシブ百科事典

朱摩羚

しゅまれい

となりのヤングジャンプ連載の漫画『バトゥーキ』の登場人物。
目次[非表示]

概要

咬泉大湖をメストレとする実戦カポエイラグループ『ルータ・ルータ・ルータ』のメンバーの女子高生。
ストリートファイトを行う三條一里を目撃し、自分と同類だと感じて興味を持つ。

早智学園の文化祭を訪れた際に雨宮駿倉掛春人兼勇に同じカポエイラの使い手であることから一里と間違われ誘拐される。その後取引に来たB・Jと出会い、一里の出生の秘密とB・Jワークショップを知る。

名前の由来はヨルバ神話の神(オリシャ)、オシュマレーから。

人物

口調が荒く好戦的な性格で、オープンホーダでは初参加の一里にも容赦なく技を仕掛けた。
笑い方は「なはは」。

親から虐待・ネグレクトを受けている描写があり、見られること・自分を理解させることに執心している。雨宮駿からは「メンヘラ承認欲求女」と評された。

関連タグ

バトゥーキ

関連記事

親記事

バトゥーキ ばとぅーき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「朱摩羚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44

コメント