ピクシブ百科事典

桐生義弥

きりゅうよしや

桐生義弥とは、『すばらしきこのせかい』の登場人物。タグは『ヨシュア』で登録されていることが多い。
目次[非表示]

「自分をあきらめたら、世界をあきらめるのと同じだよ」

概要

CV:木村良平

死神のゲームにおいて主人公ネクの二代目パートナーとなる、15歳の少年。生前から『見えて』いたらしく、死者のゲームである死神のゲームについて豊富に知識を持っている。人を食ったような態度が見立ち、かつミッションにも消極的なため、ネクとはしばしば対立している。

主な戦法は、携帯電話を使っての物体転送。…なのだが、途中白いレーザーのような技を使用しネクを驚かせる。しかし、死神曰く「そんな技は参加者には使えない」らしいが…?

いつも誰かと携帯で電話をしていたりと謎が多い。

KH3D

ネクたちと共にゲスト出演。なにやら物知り顔でソラリクに接触してくるが…?

関連イラスト

激 写
ヨシュア



関連タグ

すばらしきこのせかい

彼の目的

この先、ゲーム終盤の重大なネタバレになります、未プレイの方はご注意ください!























ヨシュアの目的は、UG(あの世)のシブヤの支配者コンポーザーになることであり、そのため、現役のコンポーザーを倒し、自らがその座を乗っ取ろうとしていた。当然、そんなことに巻き込まれたネクは怒り、関係はますます悪化してしまっていた。
その後、最後の敵南師との戦いにおいて、彼の放った決死の自爆技により消滅を覚悟したネクだったが、直後ヨシュアが彼を背後に突き飛ばし、記事冒頭のセリフと共にネクをかばい消滅していった…。ネクはそんな彼を信じてやれなかったことを、強く後悔することとなった…。
























…が、彼は生きていた。

実は、ヨシュアこそが、死神のゲームの首謀者コンポーザーであり、ネクを殺害し、死神のゲームに参加させた張本人。
指揮者である北虹との賭けに勝つため、ネクをRG(現世)で射殺し、自らの代理として戦わせた。パートナーとして契約したのも、彼を勝たせるため。
結果的に賭けに勝利した彼は、北虹の消滅を見届けた後、ネクに最後のゲームをしかける。互いに銃を向けあうも、ついに撃つことができなかったネクに向けて彼は引き金を引く…。

その後、シブヤの街には、楽しそうにはしゃぐネク達の姿があった…。

関連記事

親記事

すばらしきこのせかい いっつあわんだふるわーるど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「桐生義弥」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 176314

コメント