ピクシブ百科事典

梅梅

めいめい

ここでは漫画「ながされて藍蘭島」の登場ヒロインについて解説する

同名のキャラクターについてはこちらを参照

CV:生天目仁美

概要

現在藍蘭島唯一の外人だが、日本生まれなので日本語は得意。語尾に「〜デスヨ」「〜マスヨ」とつける癖がある。また、最初は「っ」が上手く発音できないことが時々あった。口癖(悲鳴)は「ひゃやややぁ〜ん」。
ある時、隣島へ渡ろうと船を出したところ嵐に遭い、行人と同時期に藍蘭島の北東の岬へ漂着。しばらく北の森をうろうろしていたが、花見帰りの行人たちの後をつけて村にやって来た。だが恥かしがり屋のため食べ物を分けてほしいと言えず、しかたなく盗み食いを続けていた。留守中のすずの家でこっそり入浴していたところ、帰宅した行人に裸体を見られ、行人の鼻血を見て気絶したところで、すずと行人に捕まった。
以後は相棒で河童の遠野さんと水車小屋で生活している。

雑伎団育ちで体が柔らかく体術に秀でているものの、極度の恥ずかしがり屋で、舞台でも失敗続き。それを克服するため、座長の父により一人旅に出された。実家は雑技団をしており兄が17人(うち三つ子が3組)、姉(大人の双子・高校生の三つ子)が5人いる。他の兄弟は全て双子や三つ子などで生まれており、唯一梅梅だけが1人で生まれてきた。すべてが雑伎団の団員。

お風呂が大好き。血を見ると気絶するので、行人と風呂で出くわすとダブルノックダウンとなる。動物や妖怪、大木、岩などの自分で裁縫して作った着ぐるみを持っている。だがホラーチックなため、まちなど美的感覚がずれている人物以外には不評。また見た目によらず、けっこう耳年増な一面もあり、姉の影響で「ドロドログログロした愛憎モノ」の恋愛小説を愛読していた。

漂着後まもなく北のぬしの大牙から逃げる際、崖上に逃亡する際の落石で偶然倒してしまい、東のぬし・ぱん太郎にはおヨメさんとして、また北のぬし・大牙には新しい北のぬしとして、それぞれ連れ去られそうになった時、行人に助けられてからは恋心を抱くようになった。

余談だが作者の別作品かへたんていぶに姉妹が登場している。
それでいくと苗字は江南。

関連タグ

ながされて藍蘭島

関連記事

親記事

ながされて藍蘭島 ながされてあいらんとう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「梅梅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19

コメント