ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「私を厄災扱いしないで。誰も死んで欲しくないの。」

概要

濁心スカジとは、タワーディフェンスゲーム「アークナイツ」のキャラクター。
周辺の味方にHoTとステータスバフを展開することに長けた★6補助オペレーター。
スカジの異格(同じキャラクターの別の姿)オペレーターである。

プロフィール

レアリティ★6
陣営エーギル
性別女性
職業補助
戦闘経験-
出身エーギル
誕生日3月7日
種族非公開
身長166cm
鉱石病非感染
絵師alchemaniaC
声優佐藤利奈


人物

SideStory「潮汐の下で」と同時に開催されたリミテッドスカウト「祭」にて実装された限定キャラクター。
普段の黒衣大剣のスカジの装いとは大きく変わり、赤いドレスに杖を携えた格好になっているが、これはイベントの中で、スカジがイベリアの街に向かおうとしたところ、賞金稼ぎの格好で向かうのは危険だと馴染みの情報屋の男性に諭され、琴と一緒に借り受けたもの。イベントストーリー中でも普段のコミュ障ぶりと脳筋ぶりを遺憾なく発揮している。

正体

その実態は、スカジが己の中に埋め込まれていた海の怪物に取り込まれ、怪物そのものと化した姿。
スカジを含むアビサルハンターたちは、作中世界の脅威である海の怪物たちに対抗するべく、その怪物たちの血を取り込んで生み出されている。紆余曲折の末、最終的にその血に取り込まれ、アビサルハンターが狩るべき海の怪物そのものと化してしまった姿が、濁心スカジである。

もうちょっと正確に言うと、スカジの外見そのものだが中身は別物で、呼吸はふりをしているだけだし血も流れていない。もはや生物なのかすら怪しい。
濁心スカジの世界では陸地は海の怪物たちに蹂躙され、ロドスは壊滅しケルシーもアーミヤも死に、ドクターの心は腐り果て濁心スカジだけが傍にまとわりついている。
なにかと暗い話の多いアークナイツの世界だが、濁心スカジが生まれた世界線はその極北といえよう。

性能

濁心スカジ



「私に付いて来て、永遠の故郷に帰りましょう。」

ソラと同じ、自分の周囲にHoTとステータスバフをまくタイプの補助オペレーター。
★6相応にスキルが強化され、周囲の味方のダメージを肩代わりしたり、攻守のステータスを著しく強化したり、敵に確定ダメージをばらまいたりと、戦局を有利に導くことができる。
特にS2、S3の攻撃力バフが強力で、エクシアのような低攻撃力・手数型の狙撃オペレーターの地位を大きく押し上げた。

関連イラスト

濁心スカジ
Skadi the Corrupting Heart


濁心スカジ
濁心スカジ



関連タグ

アークナイツ スカジ(アークナイツ)

関連記事

親記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「濁心スカジ(アークナイツ)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「濁心スカジ(アークナイツ)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 238229

コメント