ピクシブ百科事典

盲目のもの

もうもくのもの

盲目のものとは、クトゥルフ神話に登場するクリーチャーである。
目次[非表示]

概要

 盲目のものはクトゥルフ神話に登場するクリーチャーである。
 原文では『FlyingPolyp(フライング・ポリープ)』と表記される事から、書籍によって「飛行するポリープ」や「ポリープ状の生物」と記載される。

外観

 前述の通りポリープを思わせる瘤に加え、無数の目と口、5本1組の触手の束を幾つか生えている。
 平均的な成人男性の3~4倍の大きさを持つ。

能力

 盲目のものは風を自在に操る事が出来、これによって飛行している。
 又、この風は腕のようにして、対象への攻撃に用いる事もあり、劇中でこの存在が使用する風は、「不気味」とも「異様」とも形容される程、歪んだ気流であろう推測される。
 それ以外の能力として、肉体の不可視化があり、全身は無論、特定の部位だけ等の使用も可能である


関連タグ

クトゥルフ神話
イスの偉大なる種族 敵対関係
東京魔人學園 敵として登場している。

pixivに投稿された作品 pixivで「盲目のもの」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 478

コメント