ピクシブ百科事典

真庭人鳥

まにわぺんぎん

「刀語」の登場人物の一人で貴重なショタ成分
目次[非表示]

概要

アニメ版CV:広橋涼

西尾維新の小説、刀語に登場するキャラクター。
真庭忍軍魚組頭領。ペンギンなのに魚とはこれいかに。
実際問題、ほとんどの行動は真庭鳳凰と一緒である。

使用する忍法は「運命崩し」。
論理すら無視する」「時代に愛された」と評されるほどの、恐ろしいまでの強運の持ち主
これにより自分に向けられた飛び道具をすべて逸らし、自分が放った飛び道具を都合よく命中させることができる。たとえ10挺のミニミで全方向からフルオートで撃たれようと、理論上無傷でいられる。

そしてその「運命崩し」と併用するのが、真庭忍軍「柔球術」。跳ね返るたびに異様な柔軟性と弾力性によって速度を増していくという、エネルギー保存の法則に真っ向から歯向かう超ボールである。本来は室内での目くらましや時間稼ぎ程度にしかならない代物だが、それを「運命崩し」の特性と組み合わせることで、自分には一切当たらず、かつ部屋の中でも強度の高い梁などにぶつかって跳ね返るように運命を「崩し」、二個しかないはずの柔球が残像で大量に有るように見えるほどに加速させる。
一発のダメージは大したことはなくとも、全方位から打たれ続けるために攻撃力はそれなりにあり、なにより相手の動きを封じるほどに手数が多いため、これが幼い人鳥を頭領足らしめている所以である。

また、「運命崩し」の応用の一環として、彼は情報収集に関して真庭蝙蝠真庭川獺などの調査向きの能力の忍に並ぶ高い能力を持っており、その正確さは真庭鳳凰をして「千に三つの誤りもない」とまで言わしめる。

その反面、自分の意思とは無関係に常に強運が発動している状態のために、まだ幼い人鳥が能力を持て余している部分も多く、結果として常に何かに怯えたような挙動不審な様子でいることが多い。

このような幼さに不釣合なほど高い能力を持つ彼の最期は太くて硬くて熱いものを口に突っ込まれてブチ込まれる(何も嘘は言ってない)という凄まじい(一部の紳士淑女は嬉しいかもしれない)ものだった。

関連タグ

まにわに 真庭忍軍 刀語
まん丸忍ペンまん丸の主人公。忍者・ペンギン・ショタ・強運持ち・特殊な球を武器にする等々、偶然にしては異様に共通点が多い。

関連イラスト

忍びの定め

pixivに投稿された作品 pixivで「真庭人鳥」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 359367

コメント