ピクシブ百科事典

神父と毒婦

しろせみ

「Fate/Apocrypha」におけるシロウ・コトミネとセミラミスのコンビ・カップリング「シロセミ」の別名称。
目次[非表示]

概要

内容はシロセミを参照。

コンビ名の由来は

天草が「聖堂教会から派遣された第八秘蹟会所属の若き神父
セミラミスが「毒物と奸計の使い手」から。

また、本タグはどちらかというとコンビ色が強い方である。

補足

一応記しておくが、ここで言う「神父」は言峰綺礼ではない。

セミラミスは「毒婦」と言われているが、ところかまわず人を次々と毒殺した訳ではない。彼女が毒殺したニノス王は2人目の夫であり、最初の夫はアッシリアの将軍オンネス。オンネスはニノス王によって事実上セミラミスを奪われた形となり、失意から命を絶ってしまう。セミラミスがニノス王を毒殺したのは、前夫の仇討ちとしての意味もあるとされ、ただ単に冷酷非道な女とだけは形容し切れない彼女の側面を窺い知ることができる。

関連タグ

Fate/Apocrypha シロセミ Fateシリーズのコンビ・グループ・カップリング一覧

天草四郎時貞 セミラミス

関連記事

親記事

シロセミ しろせみ

pixivに投稿された作品 pixivで「神父と毒婦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91182

コメント