ピクシブ百科事典

秘密-トップ・シークレット-

ひみつとっぷしーくれっと

『秘密 ―トップ・シークレット―』(トップシークレット)は、清水玲子による日本の漫画作品。近未来の日本を舞台にしたSFサスペンス。
目次[非表示]

pixivでは検索効率のため「秘密」タグと共に、「清水玲子」・「トップ・シークレット」タグや、登場人物の人名タグ・カップリングタグ等が併用される事が多い。

以下一部をwikipedia・公式サイトから引用。

概要

『秘密 ―トップ・シークレット―』(トップシークレット)は、2001年から連載された清水玲子による日本の漫画作品で、近未来の日本を舞台にしたSFサスペンス。第15回文化庁メディア芸術祭にて優秀賞を受賞。単行本1巻発売直後は売り切れが続出し、再版後も入手困難の状態が続いたため、『MELODY』誌上で謝罪文が掲載された。

2008年には、『秘密 〜The Revelation〜』というタイトルで、テレビアニメ化された。
2012年から本編のスピンオフ作品となる『秘密 season 0』の連載が始まる。

2016年、実写映画公開予定。監督は『るろうに剣心』の大友啓史氏。

千堂事件\映画化決定/で青薪映画デートさせてみた



あらすじ

舞台は、西暦2060年以降の「科学警察研究所 法医第九研究室」、通称「第九」。
MRI捜査(後述)は検死でさえ解明されない事件解決に繋がる手段でありながら、強い偏見と誤解に晒されていた。一方で捜査を担当する研究員たちも凶悪犯罪に関わる常軌を逸した映像と日々向き合うことで苦悩し、心を病む者も多い。新人の青木は“第九”に強い憧れを持って配属される。だが、故人の脳から凄惨な悲劇や性生活などプライバシーを覗き見して「秘密」を暴き出すその仕事は、想像を絶する過酷なものだった。事件の捜査を通じ、青木は尊敬する室長・の抱える「秘密」とも向き合うことになる。

MRI捜査と第九について

「MRI捜査」とは、作中に登場する架空の科学捜査である。死後10時間以内の死体から取り出した脳に強力な磁力による電気刺激を与え、通常では5から10%しか働いていない脳を120%まで働かせ、死者が生前に「見ていた」映像をMRIスキャナーで再現し、それを基に捜査を行う。
捜査対象となる事件は「凶悪犯罪で、通常では捜査困難な犯罪の場合」に限られる。また、事件の裏付けとして死刑囚の脳を見ることは「特捜」にあたり、第九の仲間内にも捜査内容を漏らせないほどの守秘義務が発生する。
プライバシー配慮の問題などから、「第九」は常に倫理委員会や世論の槍玉に挙げられている。また、一般大衆の間では上記の捜査対象の基準がよく認識されておらず、「自分や家族が死んだら脳を見られてしまうのではないか」との誤解に満ちた偏見を抱く者も多い。マスコミも同様で無知と偏見から誤った情報を流布している。

メインの登場人物

科学警察研究所 法医第九研究室 捜査員


薪 剛(まき つよし)

声:谷山紀章 / 関智一

秘密アイコンまとめ2期


警視正。法医第九研究室室長。35歳。身長163cm。
小柄な体格と童顔から実年齢より遥かに若く見られることが多く、
未成年と間違えられることも。また、女性と見紛うばかりの美貌の持ち主。
驚異的な記憶力、人間離れした動体視力、鋭い洞察眼を持つ。
非常に有能である反面、言動や態度はヒステリック。

青木 一行(あおき いっこう)

声:川島得愛 / 浪川大輔

青木くん


第九配属。福岡県出身・東大法学部卒。24歳。
身長は190cmを超える大男。実直で正義を信じて突き進む一途な性格。
感情の起伏が激しく、泣いたり落ち込んだりといった描写が多い。
素直で人の言うことを馬鹿正直に信じるため、先輩たちからよくからかわれている。
独断専行で自らの命や精神を危険に晒すことも多い。


関連イラスト

ワンワン
Time slip


舞とあそぼう
ひみつ



関連タグ

清水玲子 秘密 トップ・シークレット
薪剛 青木一行
青薪

pixivに投稿された作品 pixivで「秘密-トップ・シークレット-」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34201

コメント