ピクシブ百科事典

縮小銀子

しゅくしょうぎんこ

「縮小銀子」とは、何かしら小人サイズに縮められた、空銀子の事である。「りゅうおうのおしごと!」の二次創作物。

公式サイト又はまとめサイトの空銀子のプロフィールには、どちらにも公式身長が掲載されていない。
当コンテンツは、この謎理論を率直に決めつけたものであり、ただそれだけのほんのした娯楽ゆえにどう成り立ってできたのか不明な、謎深まるコンテンツなのである。
なお彼女は中学2年生の14才であり、出生してから14年もの月日が経過している。となれば、もし初めから体が小人状態だったとなれば、彼女は小さなとても体ながら、2才で将棋を覚え、体に半端なく大きなご飯物をひたすら食らいつき、日々遠ざかる道のりをひたすら歩き続け、12年間の奮闘した
将棋世界を歩んできたのに違いないのだ。
備考として、彼女の身長の測定結果をここに記載しておく。
(証明)
メイン画像で捉えられる観点として、
駒の寸法は(以下cmで示す。高さ、上部の幅、下部の幅、厚さの順)
 玉将・・・・・・4.0×2.8 3.6×0.2
 飛車・・・・・・3.7×2.9 3.9×0.1
 角行・・・・・・3.5×2.6 3.0×0.2
 金将・・・・・・3.5×2.5 3.0×0.3
 銀将・・・・・・3.4×2.4 2.9×0.15
 桂馬・・・・・・2.85×2.0 2.7×0.25
 香車・・・・・・3.8×1.3 2.2×0.25
 歩兵・・・・・・4.3×1.2 1.9×0.2

であるために、銀将の高さは3.4cmである事が分かる。
それに加えて、顔の描き方次第で10代前半の少女から20代以降の大人のお姉さんまで幅広く使える汎用性に満ちた頭身である、6頭身を基準とする。
そこから整理し、画像から読み取れる頭一個分の銀将の高さ3.4cmを6掛け算すれば、
彼女のおよその身長は、20.4cmという結果がうかがえる。
なので、彼女の小人サイズの身長は、20.4cmである。(証明終)
※備考2
小中学校期におけるおよその通学距離(都会系)~1.2kmに頭身比と同じ6をかけると、7.2km
になりそこから半分の歩数差÷に0.6を合わせた後、最後に歩数分割率0.3をかけると、およそ60000歩いた事になるので、彼女は日々およそ60000歩歩いていた上、彼女のスケールからとらえれば、1.2kmの道のりが、3倍の3.6km分歩いていた事になっていたわけである。実に過酷である。
(間違っていたら修正をお願いします。)

pixivに投稿された作品 pixivで「縮小銀子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 731

コメント