ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
elf制作の恋愛ゲーム『同級生』のヒロインの一人。

プロフィール

年齢18歳
身長158cm
スリーサイズ79 / 55 / 80  Win版・リメイク:82 / 55 / 82(cm)
血液型B型
CV

概要

ゲーム『同級生』のヒロインの一人。


主人公の同級生で陸上部のエース(「同級生」において)。

陸上部では、その俊足としなやかな脚力から、「(陸上部の)バンビちゃん」というあだ名を持つ。

かなり口が悪く、主人公とは喧嘩友達のような間柄。鈴木美穂とは対照的な性格ながら親友同士。美穂が主人公に憧れるのを知り、あまり気が進まないながらもその背中を押す。

髪形のサイドポニーは、解くとロングヘアになり、印象も変化する。本人は「大切な人の前でしか解かない」と決めている。


陸上部の練習に打ち込んでいたが、練習のし過ぎで脚を故障。それに加えて進学のために、陸上部を辞めるように勧められ、迷っていた。

主人公は郊外で、歩けなくなっている彼女を発見。背負って家まで届けている。


その後、本当に足の具合が悪化し、陸上競技が出来なくなってしまう。保健室でその事を知り、落ち込んでいた所を主人公に慰められる。

陸上に全てを注いでいたため、陸上競技が出来ない自分には何もないと思い込んでいたが、主人公の「美沙は美沙だ」という言葉に救われる。

この後、キスして、保健室のベッド上で互いに肌を重ねる。


その他

OVA版では、一巻のヒロインとして登場。概ねゲーム版と同じ展開で、OVA版主人公・諸岡わたると保健室で互いに肌を重ねる。

レンタル版では美沙が絶頂したところで終わっているが、セル版では後日談のシーンが追加されている。

陸上部に退部届を出し、入院して足を治療。その後しばらくして、街中でわたると再会。

その際には落ち着き、穏やかな様子でわたると会話していた。わたるに対する口の悪さも無くなり、「今度、わたるの部屋に遊びに行くね」と言いつつ、笑顔で別れていった。

OVAでは後の巻に出番はないが、4巻ラストでさとみの口から「美沙がよろしく言ってたわよ」と言われている。

OVAの続編「同級生クライマックス」にも登場。上記の遊びに行くという約束を遂げた。


小説版でも、流れはほぼ同じ。小説版主人公・辻村詠の事は以前より気になって好意を持っていたが、美穂の事と、自身の照れ隠しから、あえて乱暴な態度を取っていたことが明らかになる。

過去に詠が、(趣味の)学校の校舎の壁昇りをしていた時。偶然着替えをしているところを覗かれてしまい、その際に「かわいい縞模様のパンツ」を見たと聞いたことから、縞パンツを着用している。

保健室のベッドで肌を重ねた際、サイドポニーの髪形を解き、ロングヘア姿を見せていた。

後に退部した後、美穂には肌を重ねた事を伝えている。

高校卒業後は、第一志望の推薦されていた体育大学は進学できなかった。しかし別の体育大の陸上監督が「リハビリし復帰したら、名選手に育つ」と注目していた事から、そちらへと進学する。


同級生2

同級生2』では大学生になっていた。前作の主人公と交際していたが別れている。

美穂が住んでいる八十八町を訪ねて来たところ、偶然駅で本作の主人公にぶつかり、別れた彼氏に雰囲気が似ているせいで興味を持ち、わざとその後ぶつかり、テニス勝負を経てデートの約束を取り付け、急速に仲が深まっていった。


同作のOVAにも登場。主人公・近藤誠と知り合い、互いに肌を重ねている。誠と知り合う直前には、わたると言い合いをするシーンも少しだけ描かれている(ただしわたるは、バイクに乗りフルフェイスのヘルメットを着用していたため、顔は出ておらずセリフも無い)。

後にホテルのプールで泳いでいたところを、誠と知り合った。失恋した事もあって、そのままホテルの一室へ。

ペンダントにしていた指輪を取って、「今日の私は、あなたの奴隷」と言って、年下の誠のものを咥え、交わっていた。

しかし早朝になり、わたるからの謝罪の電話を受ける。その後、捨てたはずの指輪を再びつけて、よりを戻したわたるのバイクに乗り、誠の元から去っていった。


関連タグ

同級生(ゲーム) 同級生 美沙

陸上 ポニーテール ツンデレ

プロフィール

年齢18歳
身長158cm
スリーサイズ79 / 55 / 80  Win版・リメイク:82 / 55 / 82(cm)
血液型B型
CV

概要

ゲーム『同級生』のヒロインの一人。


主人公の同級生で陸上部のエース(「同級生」において)。

陸上部では、その俊足としなやかな脚力から、「(陸上部の)バンビちゃん」というあだ名を持つ。

かなり口が悪く、主人公とは喧嘩友達のような間柄。鈴木美穂とは対照的な性格ながら親友同士。美穂が主人公に憧れるのを知り、あまり気が進まないながらもその背中を押す。

髪形のサイドポニーは、解くとロングヘアになり、印象も変化する。本人は「大切な人の前でしか解かない」と決めている。


陸上部の練習に打ち込んでいたが、練習のし過ぎで脚を故障。それに加えて進学のために、陸上部を辞めるように勧められ、迷っていた。

主人公は郊外で、歩けなくなっている彼女を発見。背負って家まで届けている。


その後、本当に足の具合が悪化し、陸上競技が出来なくなってしまう。保健室でその事を知り、落ち込んでいた所を主人公に慰められる。

陸上に全てを注いでいたため、陸上競技が出来ない自分には何もないと思い込んでいたが、主人公の「美沙は美沙だ」という言葉に救われる。

この後、キスして、保健室のベッド上で互いに肌を重ねる。


その他

OVA版では、一巻のヒロインとして登場。概ねゲーム版と同じ展開で、OVA版主人公・諸岡わたると保健室で互いに肌を重ねる。

レンタル版では美沙が絶頂したところで終わっているが、セル版では後日談のシーンが追加されている。

陸上部に退部届を出し、入院して足を治療。その後しばらくして、街中でわたると再会。

その際には落ち着き、穏やかな様子でわたると会話していた。わたるに対する口の悪さも無くなり、「今度、わたるの部屋に遊びに行くね」と言いつつ、笑顔で別れていった。

OVAでは後の巻に出番はないが、4巻ラストでさとみの口から「美沙がよろしく言ってたわよ」と言われている。

OVAの続編「同級生クライマックス」にも登場。上記の遊びに行くという約束を遂げた。


小説版でも、流れはほぼ同じ。小説版主人公・辻村詠の事は以前より気になって好意を持っていたが、美穂の事と、自身の照れ隠しから、あえて乱暴な態度を取っていたことが明らかになる。

過去に詠が、(趣味の)学校の校舎の壁昇りをしていた時。偶然着替えをしているところを覗かれてしまい、その際に「かわいい縞模様のパンツ」を見たと聞いたことから、縞パンツを着用している。

保健室のベッドで肌を重ねた際、サイドポニーの髪形を解き、ロングヘア姿を見せていた。

後に退部した後、美穂には肌を重ねた事を伝えている。

高校卒業後は、第一志望の推薦されていた体育大学は進学できなかった。しかし別の体育大の陸上監督が「リハビリし復帰したら、名選手に育つ」と注目していた事から、そちらへと進学する。


同級生2

同級生2』では大学生になっていた。前作の主人公と交際していたが別れている。

美穂が住んでいる八十八町を訪ねて来たところ、偶然駅で本作の主人公にぶつかり、別れた彼氏に雰囲気が似ているせいで興味を持ち、わざとその後ぶつかり、テニス勝負を経てデートの約束を取り付け、急速に仲が深まっていった。


同作のOVAにも登場。主人公・近藤誠と知り合い、互いに肌を重ねている。誠と知り合う直前には、わたると言い合いをするシーンも少しだけ描かれている(ただしわたるは、バイクに乗りフルフェイスのヘルメットを着用していたため、顔は出ておらずセリフも無い)。

後にホテルのプールで泳いでいたところを、誠と知り合った。失恋した事もあって、そのままホテルの一室へ。

ペンダントにしていた指輪を取って、「今日の私は、あなたの奴隷」と言って、年下の誠のものを咥え、交わっていた。

しかし早朝になり、わたるからの謝罪の電話を受ける。その後、捨てたはずの指輪を再びつけて、よりを戻したわたるのバイクに乗り、誠の元から去っていった。


コメント

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    頼間リヨ

    読む
  2. 2

    餅田むぅ

    読む
  3. 3

    原作:季邑えり 漫画:品川いち

    読む

pixivision

カテゴリー