ピクシブ百科事典

腕まくり

うでまくり

衣服の袖をまくりあげること。 また、そうしたスタイル。
目次[非表示]

腕まくりとは、衣服の着こなしの一つである。

解説

長い衣服のを、折り返したり巻き上げたりすることで、本来の袖の長さを縮めること。
おもに暑さをしのぐため、袖が作業で汚れるのを防ぐため、水仕事で袖を濡らさないため、袖を作業中にどこかしらへ引っかけないため……、などにおこなうことが多い。
また文章表現として、力仕事など肉体的な労働に対して積極性を見せた際の表現に、【腕まくりをする】と表すこともある。

パターン

肘・二の腕までまくる

オフの日の榛名さん


最も一般的なパターン。

手首の下で止める

「女子高生・美咲の日常に潜む仏」その1 半跏思惟像


書き物や読書など手先の仕事や、リラックス時に手首を解放する意味で。

半袖をまくる

【夏限定】ご注文は?【かき氷屋】


夏場やスポーツの場面でよく見かける。

関連タグ

ファッション

pixivに投稿された作品 pixivで「腕まくり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 171204

コメント