ピクシブ百科事典

花鳥諷詠

かちょうふうえい

四季の移り変わりによる自然界や人間界のあらゆる現象を、そのまま客観的にうたうべきであるとする俳句理念。

高浜虚子たかはまきょしが提唱し、ホトトギス派の基本理念となった。
「花鳥」は自然のたとえ。「諷詠」は詩歌をうたい作ること。

pixivに投稿された作品 pixivで「花鳥諷詠」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 977

コメント