ピクシブ百科事典

茶風倫太郎

さふりんたろう

茶風倫太郎とは、「トラウマイスタ」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「笑えねェよなァアアア!!!!」

概要

「笑い」のトラウマを克服した浮浪児のトラウマイスタ。年齢19歳。
通称「チャップリン」

人物

粗暴かつ野蛮な性格。しかし決して悪人というわけではなく、トラウマイスタ同士の仲間意識はある様子。
スジャータに「ぞっこん」であり、急に自分の元を去った彼女を探し続け、再会時にはプロポーズまでした。(断られたが。)
スジャータの思わせぶりな態度からピカソ間男と認識し敵視。張り合うあまり、便器に落ちたスジャータの手作り弁当を勢いよく平らげ、ピカソをドン引きさせた。

ドットヴィネット~トラウマイスタ その2~


最初はお互い「協力するぐらいならウンコ食うほうがマシ」と言うほど気が合わなかったが、自分を庇い傷を負ったピカソを見て思い直し、アートマン同士のコラボ技を繰り出すなど次第に共闘するようになる。カミーユ戦では自らピカソの盾になり攻撃を受け、ひん死の危機に陥った。
因みに(夢の中で)半裸のスジャータに赤面したり、ピカソにスジャータとの関係について問いただす際に恥ずかしそうに口ごもったりと、無茶苦茶な行動力に反してそういったことには少々ピュアな面が垣間見える。
ファーブルについては(彼女が猫を被っていたこともあり)「イイ子そう」と認識しており、ピカソとの関係を「お似合い」と称して彼女を照れさせていた。

車と同様のスピードで自転車を走らせたり、刺客二人分のアートマンを生身で倒すなど(自身のアートマンには「バトルしたい」と不評)、身体能力は非常に高い。
その身体能力と粗暴な性格が災いしたのか、時折、猪突猛進気味な行動をとることもあるが、下記のアートマンで相手の体の一部を動かせない状態にして能力を封殺するなど、それなりに頭も回る。

ピカソの家の敷地内でテント生活をしている。

アートマン

使役するアートマンは「ライムライト」
一見可愛らしい容姿だが、怒ると一転して恐ろしい形相に変化する。日頃の不満からチャップリンを一方的にボコボコにするなど非常に攻撃的。一方、己の敗北を素直に認める潔い面もある。
普段は主に容赦が無いがとても大切に思っているようで、チャップリンが死の危機に直面した際は涙を流してピカソに共闘を申し出た。
「サブリザード」…物質を凍らせる技。袖を超回転し遠心力で真空の竜巻を作ることで急激に空気の圧力を低下させ「ボイル=シャルル」の法則により超低温になる現象を利用している。
弱点は、サブリザードで凍ったものはライムライトが笑うと溶けてしまう点。

過去

家庭環境は「最悪」。喧嘩ばかりの両親だったが、それでもただ「愛されたい」「両親の笑顔が見たい」という一心で努めて笑うようにしていた。しかしそんな息子に両親は苛立ち、
「お前の笑い顔なんてもう見たくねェんだよ」
という無慈悲な言葉を投げる。この出来事で「笑い」がトラウマになったチャップリンは、スジャータに出会うまで笑うことすら忘れていた。

最終回

チャンドラカンパニーの跡地で、復興のボランティア活動をしている。

関連記事

トラウマイスタ

関連記事

親記事

トラウマイスタ とらうまいすた

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「茶風倫太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25

コメント