ピクシブ百科事典

薬瓶兎

やくびんうさぎ

薬瓶兎とは、現在進行形で執筆されている東方project二次創作、幻想入り小説シリーズ「東方薬瓶兎」のことである
目次[非表示]

作品解説

あらすじ

神霊騒ぎも収まったある日の幻想郷。
迷いの竹林に一人の青年‐永山飛鳥が神隠しされた、ただし犬神家風に。
発見者であり、彼を埋めたトラップの責任者である因幡てゐは彼を永遠亭へと運び込み、一命を取り留めさせる。
気が付いた永山飛鳥は何かを企んでいる永琳によって永遠亭の使いっぱしりとして治療費を返すことを強要された。
問題はただひとつ、どう考えても扱いが兎だった。

作品としての「薬瓶兎」

「幻想郷にばっちりはまり込むような能力者を幻想郷入りさせるつもり」「スペルカードルールは原作設定を結構守る。」「最終頁イメージはサモンナイトシリーズの夜会話」という三大柱(笑)をもとに作成されている。
だいたい月2ほどのペースで更新が進む、特徴的なのは奇特なタイトルで閲覧数を伸ばそうとする「タイトルホイホイ大作戦」と時折更新される挿絵、アイキャッチ風の表紙、そして若干紳士が混じる内容だ。
なかでもタイトルホイホイは「折ったことのない骨が無くなった」「変態がパンツ撮って星になった」等、無駄な努力がうかがえる。
また、あからさまではないが紳士でないと分からないネタも随所にちりばめられている。

登場人物(現時点で特に主人公とつながりの強い人妖達)

永山飛鳥 ナガヤマ アスカ

 一応の主人公、てゐの部下であり永琳の実験台。
 完全な受難系男子であり、草食系男子、兎耳系男子でもある。現在も幻想郷の面々によってトラウマを植え付けられ続けている。
 特にお茶に対するトラウマは強く、永琳に薬を盛られたりてゐに薬を盛られたりと心休まることがない。
 ただしてゐの健康トレーニングを受けているおかげで体調にも精神にもあまり異常は見られない。
 現在使用可能な薬剤は「足の筋力を高めるもの」「妖力を高めるもの」「反射神経を高めるもの」「一時的に鈴仙化できるもの」の四つ
 彼の所持する御守りにはdoc●moのロゴ入りプラスチック板が封入されている。
 能力は「服用した薬の効能を増加させる程度の能力」、弾幕ごっこ経験は4回

因幡てゐ

 昨今低人気が問題になっている永遠亭組一の問題児。
 名目上飛鳥のリーダーとなっている、かつては放置気味だったが現代へ戻ろうと必死な飛鳥を見て彼を元の世界に送り出そうと考えている。

明太朗 ミョウタロウ

 飛鳥の嫁候補兎♀、結界を張ったり弾幕を飛ばしたりとなかなか高性能だが何故か人型に変身することはできない、そのため言葉の擦れ違いもしばしば。
 飛鳥のことを気に入っているようで、お使いの際はデフォルトでくっついてくる、薬瓶兎の癒し担当

ミスティア

 竹林と森の狭間で屋台を商うおかみすちー。
 飛鳥を初めて襲った妖怪であり、初めてできた妖怪の友達でもある。
 パンツの盗撮写真を雑誌に載せられたことがあり、その際に飛鳥と組みスペルカードルールで戦った。

八意永琳

 言わずと知れた天才薬師。
 なにやら企みがあるらしいがマッドサイエンティストぶりは健在で飛鳥に兎耳を装着したのも彼女。
 永山飛鳥の能力が致死性のものであると知っておきながら、彼の帰還の為黙っていた。

蓬莱山輝夜

 ニートをやっていない珍しいお姫様。
 お忍びでミスティアの店の常連客となっている模様、無論その件については永琳も把握していると思われる。
 飛鳥に竹取の翁の姿を重ねているらしい。

鈴仙

 いつものうどんげ。
 ただし飛鳥のおかげでだいぶ労力は減っている模様。
 玉兎の耳を利用し、飛鳥とテレパシーを行うことができる。

銀山潤 カナヤマ ウルウ

 飛鳥と同様に幻想入りしてしまった青年。
 常にテンションが高く場を盛り上げようと必死、さらにミスティアのパンツを盗撮するなど変態行為も目立つ。
 能力は「あらゆる角度から対象を見る程度の能力」であり、相手の一挙一動を観察したりするのに適する、また師匠である射命丸文から借りた妖怪カメラを利用した際の火力は最高レベルで100枚の写真を同時に撮ることができる。
 人間の里在住、彼の発行する雑誌「月刊幻想郷ジャーナル」は新しい文化だと里で人気を博している。
 椛を溺愛しているが、だいたいキモがられる運命。しかしそれも椛の愛情表現だと潤は信じている
 幻想入りした際に名前を忘れてしまい、現在名乗っている名前は幻想郷の誰かからもらったものである

射命丸文

 いつもの鴉天狗。
 ネタを求めて妖怪を追っかける、特に最近は気になるスクープがあるようであちらこちらへ飛び回る。
 潤の保護者的立ち位置であり、彼に印刷技術などを与えたのも彼女。

犬走椛

 あやもみじゃない方のいつも通りの椛。潤とは因縁があってか一方的にラブコールを受けている。毛嫌いしているわけではなく、射命丸と同じく「苦手な相手」らしい。 

熊吉

 人間の里在住の稲作をしている(農)。大胆不敵で妖怪をあまり怖がらない奇特な人間、紫に対しても気軽にゆかりんと呼んでいる始末である。
 特殊な能力は確認されていないが紫直々に「妖怪に近い嫌な人間」と評価されている
 八雲紫、鍵山雛を巻き込んで「幻想郷から失われた記憶」を探しているようだが成果は皆無、永山飛鳥が絡んでいると睨んでいるようだ。

八雲紫

 境界の隙間に生息する、「幻想入りなら確実に登場する」妖怪。
 現時点では未だ彼女の行動は謎に包まれている。
 「何か」に怯えている様子がうかがえる。

藤原妹紅

 不死の人、てゐの依頼で飛鳥を離れた場所から保護していた…らしい。未だに陽の目を浴び無い不憫な人。

紅魔館組

 銀山潤相手にゲームをしかけてみたりと、遊び心は満点。割とノリの良い団体

命蓮寺組

 永山飛鳥に対して友好的な団体。ミスティアと戯れる姿を目撃し、どうやら人間と妖怪の懸け橋となりうる存在として重要視している模様。


著者から

薬瓶兎の支援絵…誰か描いてくれないかなー(チラッ ヒャアァゴメンナサイゴメンナサイ!!

関連イラスト

東方薬瓶兎二話~初めてのおつかい兼初めての弾幕ごっこ(一方的)~
東方薬瓶兎~入れ歯(武器カテゴリ)を渡されて途方に暮れた~
うちのお馬鹿
W衛星落としっ!


別名・表記ゆれ

筆者のアイルランド好きが高じて東方愛蘭土とも言う

関連タグ

東方 幻想入り

この記事のカテゴリ

イラスト 小説 作品名

pixivに投稿された作品 pixivで「薬瓶兎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2618

コメント